製品

4D Write Pro : フローティングテキストボックス!

Deeplからの自動翻訳

4D Write Pro は、ビジネス文書の作成に欠かせない製品です。これまでも様々なお役立ち機能を順次リリースしていますが、4D v19 R8 では、4D Write Proフローティングテキストボックス が導入されました。

たとえば、コーポレート・アイデンティティに準拠したレターヘッドが必要な場合など、テキストボックスを使った自由度の高いデザインが可能です。

ヒント blank

4Dアプリケーションのためのヒントとコツ – 11月版

Deeplからの自動翻訳

by Add Komoncharoensiri, Director of Technical Services at 4D Inc.

 

またまた、技術情報をお届けします。

4Dナレッジベースは、4Dテクノロジーに関する情報ライブラリーで、毎週技術的なヒントと毎月の技術ノートが活発に公開されています。もし、前回のナレッジベースでのヒントを見逃したとしても、大丈夫です。

このブログ記事は17のTipsをカバーしています。

ヒント blank

4Dアプリケーションのためのヒントとコツ – 10月版

Deeplからの自動翻訳

by Add Komoncharoensiri, Director of Technical Services at 4D Inc.

 

またまた、技術情報をお届けします。

4Dナレッジベースは、4Dテクノロジーに関する情報を集めたライブラリーで、毎週技術的なヒントと毎月の技術ノートが活発に公開されています。もし、前回のナレッジベースでのヒントを見逃したとしても大丈夫です。

このブログ記事は19のTipsをカバーしています。

製品 blank

4D Write Pro – ドキュメントの変更を検知

編集モードの 4D Write Pro のドキュメントがエンドユーザーによって変更されたかどうかを知ることは、しばしば役に立ちます。たとえばこの情報を元に、アクションやインターフェースをより使いやすく調整することができます。

4D v19 R7 以降、ドキュメントの変更を検知するのはこれまで以上に簡単になりました。

製品 blank

4D Write Pro: ユーザーフレンドリーな式表示

フォーミュラは 4D Write Pro のドキュメントに不可欠な要素です。これにより、データベースの情報をドキュメントに差し込むことができます。フォーミュラを含むドキュメントやテンプレートの作成は、物理的な制約 (ページ数、用紙サイズ) と相まって、非WYSIWYG なデザインになることがあります。このデザインの問題を解決するために、フォーミュラを新しいモードで表示できるようになりました。

製品 blank

4D Write Pro: キャリーオーバー行を導入

4D Write Pro ドキュメントの表組みは、データソースを関連付けることで 自動的に行を生成 できるようになり、ますます便利になりました。

表組みの行数が多くなると、ページやカラムの区切りにより、表が自動で分割されてしまうことがあります。このような場合、分割された各表の下部に “小計” 行 を (自動的に!) 挿入できたら便利ですね。これは 4D v19 R7 で可能になりました!

ヒント blank

4D Write Proでドキュメントの一括作成・印刷を行う。

Deeplからの自動翻訳

どのようなビジネスであっても、リスト、インベントリー、トラッキングシート、プロダクトシート、インボイス、その他多くの文書を作成する必要があります。これらのドキュメントは通常、印刷されるか、アーカイブのためにPDFで保存されます。

4D Write Proは、すべてのドキュメントを作成するための理想的なツールです。以下は、4D Write Proで利用可能ないくつかの機能のリストで、印刷用の美しいドキュメントを作成するのに役立つものです。

これらの様々な機能を用いて、作成されたドキュメントの例をいくつか紹介します。

製品 blank

4D Write Pro: 空ピクチャーの非表示化

4D Write Pro のドキュメントには、様々なソースからの多様な形式の画像が含まれることがあります。無効な URL、空の画像を返すフォーミュラ、プラットフォームがサポートしていない形式 などの理由によって、画像は表示できない場合があります。

画像が表示できない場合には、その場所に空の四角が表示されます。この振る舞いを変更し、空の画像を非表示にするには、4D v19 R6 より提供される 新しい表示オプション を使用します。

製品 blank

4D Write Pro: エンティティセレクションやコレクションで表組みを動的に埋める

開発者として、私たちはしばしば複雑で高度な 4D Write Pro ドキュメントを作成します。データを表示するための表組みが必要なとき、その行列の内訳はあらかじめ明確ではないかもしれません。毎回手作業で、表組みにデータを入れていくのは手間です。そこで、データコンテキスト を使って、ORDA とオブジェクト指向開発の手法を 4D Write Pro ドキュメントに取り入れました。

具体的には、4D Write Pro の表組みに対して、”データソース” を定義することが可能になりました。この “データソース” (エンティティセレクションまたはコレクション) は、表組みの行を自動で生成します。

詳しく見ていきましょう!