製品

UX: サブフォームのスクロール動作の強化

Deeplからの自動翻訳

ユーザーフォームは、ユーザーにとって使いやすいものでなければなりません。しかし、スクロールがサブフォームとそのコンテンツの戦いになったらどうなるでしょうか?サブフォームのリストボックスをスクロールしようとすると、サブフォーム全体が動いてしまう。サブフォームのリストボックスをスクロールしようとすると、サブフォーム全体が動いてしまう!

これは4D 20 R6で改善され、より自然な動作になりました。

製品 blank

4D Write Pro – データソース付き表組みの作成ウィザード

ここ最近のリリースで、4D Write Pro には多くの表組み関連の機能が追加されました。コンテキスト、データソース、フォーミュラを使って、データベースのデータに基づいた表組みを簡単に作成することができます。

これはとても簡単なので、エンドユーザーにこの機能をそのまま使ってもらいたいと思う方も多いでしょう。しかし、データソースやフォーミュラの扱いに詳しくないユーザーにとっては、ときに難しいことであるのも理解しています。4D v20 R2 では、これに対するソリューションとして開発された新しい表ウィザードを提供しています。

このウィザードは、エンドユーザーが利用できます。エンドユーザーは、開発者が提供する、用途や業務に合わせたテンプレートを利用することができます。テンプレートの設定には以下が含まれます:

  • データクラスとデータクラス属性の定義、
  • データクラス、データクラス属性、およびフォーミュラの翻訳名の設定、
  • 業務に適合したフォーミュラの準備、
  • グラフィックスタイルのデザイン。

 

HDI のサンプルデータベースと、デモビデオもぜひご覧ください。

製品 blank

4Dに組み込まれたデータエクスプローラー

データエクスプローラー では、データベースのデータを表示することができます。表示するフィールドの選択や、データの整理・絞り込み・ソートが可能です。

4D v20 では、データエクスプローラーは、外部ブラウザーでなく 4Dで開くことができるようになりました。ユーザーは、ツールバーからワンクリックでデータエクスプローラーにアクセスでき、時間の節約と生産性の向上を実現します。

製品 blank

フォームオブジェクトの進化

最も美しいインターフェイスを作ることができるように、私たちはフォームオブジェクトの改良を続けています。4D v19 R6 では、静的テキストと入力テキストのフォームオブジェクトの境界線に角の丸みを定義することができるようになりました。

4D v20 では、さらに新たな可能性が追加されました。

  • ボタン、ラジオボタン、チェックボックスについて、タイトルテキストとアイコンの表示を管理する新しい設定が追加されました。
  • ラジオボタンとチェックボックスについては、アイコンに使用可能な状態の数が拡張され、より良いインターフェースが提供できるようになりました。
製品 blank

Windows SDIアプリケーションのテスト

Deeplからの自動翻訳

SDIモードでマージされたアプリケーションを顧客に提供できるようになってから、長い時間が経ちました。

4D v19 R8では、スタンドアロンやクライアントアプリケーションを構築することなく、アプリケーションの結果を確認することができます。

詳しくは、こちらをご覧ください。

製品 blank

開発ウィンドウ間のナビゲーションを簡素化

Deeplからの自動翻訳

新しい関数やメソッドを書くとき、あるいはフォームを作成するとき、その作業は決して直線的ではありません。通常、次のような作業が必要です。

  • エクスプローラにアクセスし、フォルダ内のフォームを見つける。
  • メソッドのドキュメントを書くためにエクスプローラーにアクセスします。
  • 4D ドキュメントウェブサイトでコマンドのドキュメントを読む
  • コンポーネントのメソッドのドキュメントを読む

この新しいバージョンでは、コードエディタとフォームエディタにいくつかのメニュー項目を追加し、プロジェクトの異なる要素間をより良くナビゲートできるようにしました。

ヒント blank

4D REST API + ReactJS

Deeplからの自動翻訳

by Mourad Aouinat, ソフトウェアエンジニア at 4D Morocco

前回のブログポストでは、4Dを使ったREST APIのセットアップがいかに簡単かを紹介しました。このブログ記事では、強力な4D REST APIとReactを組み合わせて、ToDoを開く機能、新規作成機能、既存のToDoの変更機能、一括変更と一括削除機能を備えたToDoアプリを構築します。

製品 blank

コードエディタ。複数のテーマから選択可能

Deeplからの自動翻訳

コードエディタの機能は、リリースごとに増えていますが、4Dv19も例外ではありません。

コードエディタ(フォント、フォントサイズ、エレメントの色など)については、開発者それぞれが特別な(時には特異な)テイストを持っています。ある開発者にとっては、見栄えが良く、生産性を高めるものでも、別の開発者にとっては、障害になることがあります。そのため、4D v19ではテーマ管理を導入しています。

もし、「自分自身のテーマを作る」ことがあなたのバケットリストにあるのなら、今がそのチェックポイントです。4D v19には、基本的なテーマが用意されており、あなた自身の好みに合わせてリッチ化することができます。

製品 blank

macOSのDark Modeサポートが登場。

Deeplからの自動翻訳

ダークモードは素晴らしく、エキサイティングなユーザーエクスペリエンスを生み出します。そのため、4D v19から、4DはDark Modeに対応し、macOSレベルでDark Modeがオンになっていれば、自動的に起動するようになりました。

これは始まりに過ぎず、将来のバージョンでは、すべてのコンポーネント(例:4D Write Proウィジェット)のDark Modeサポートやデザインモードなど、さらに多くの機能が追加される予定です。

ダークモードが4Dエレメントの見た目をどのように変えるか見てみたいですか?読み進めてください。

製品 blank

4D Write Proのインターフェースウィジェットのその他の機能

Deeplからの自動翻訳

4D Write Proのツールバーとサイドバーは、より速く、より簡単にドキュメントを作成できるように、より多くの機能で成長し続けています。

4D v18 R6では、以下のことが可能です。

  • テキストの増加または減少
  • ルーラーをコピー/貼り付け
  • 段落の背景色を変更する
  • 単語のスタイルを変更 (大文字、小文字、その他)