製品

ノンブロッキング印刷

4D 20 R4 では、4D 内部の印刷ジョブの管理が大幅に改善されました。4D は、複数の印刷ジョブを並行して実行できるようになり、アプリケーションの反応性が格段に向上すると同時に、並行する印刷ジョブの管理が容易になりました。

詳しく説明しましょう!

製品 blank

更新された Print form & FORM LOAD コマンドを紹介

4D v16 R5 では、DIALOG コマンドが大幅に改良され、オブジェクト型新しいパラメーター “formData” を渡すことができるようになりました。この新機能が 4Dデベロッパーの皆様に好評であることを聞いて、とても嬉しく思います。

4D v20 では、もう 2つのコマンドがアップグレードされました: Print formFORM LOAD です! そのメリットは、同じように大きいでしょう。引数として渡されたオブジェクトは、印刷されるフォームや、メモリにロードされるフォームで直接利用することができます。

製品 blank

Windows での印刷プレビュー用の PDFフォーマット

PDF形式は、Windows上で印刷プレビューをおこなうための XPS に代わる有効な選択肢で、ユーザーにとってもより身近なものです。Microsoft が XPS Viewer を Windows のオプション機能としたことで、アプリケーションの運用上の問題が多く発生し、エンドユーザーが印刷物をプレビューできない状況が発生しました。無償の XPS Viewer のインストールは簡単ですが、管理者の中には、(リモートデスクトップ環境においてはとくに) 追加機能のインストールを躊躇する方もいます。
幸い、4D v20 では、印刷プレビューにPDFフォーマットを使用するオプションが用意されています。現在の Windows のほぼすべてのバージョンで XPS または PDF がプリインストールされているため、印刷プレビューの問題にエンドユーザーが遭遇することはありません。この新しいオプションは、エンドユーザーと管理者の両方のニーズを満たす、より柔軟で効率的なソリューションを提供します。

ヒント blank

4Dアプリケーションのためのヒントとコツ – 9月版

Deeplからの自動翻訳

by Add Komoncharoensiri, Director of Technical Services at 4D Inc.

さて、今回も技術情報をお届けします。

ご存知のように、4Dナレッジベースは、4Dテクノロジーに関する情報のライブラリーで、毎週技術的なヒントと毎月の技術ノートが活発に公開されています。もし、前回のナレッジベースでのTipsを見逃したとしても、大丈夫です。

このブログでは、16のヒントを紹介しています。

ヒント blank

4D Write Proでドキュメントの一括作成・印刷を行う。

Deeplからの自動翻訳

どのようなビジネスであっても、リスト、インベントリー、トラッキングシート、プロダクトシート、インボイス、その他多くの文書を作成する必要があります。これらのドキュメントは通常、印刷されるか、アーカイブのためにPDFで保存されます。

4D Write Proは、すべてのドキュメントを作成するための理想的なツールです。以下は、4D Write Proで利用可能ないくつかの機能のリストで、印刷用の美しいドキュメントを作成するのに役立つものです。

これらの様々な機能を用いて、作成されたドキュメントの例をいくつか紹介します。

製品 blank

4D View Pro:印刷インターフェース

Deeplからの自動翻訳

4D View Proは、様々な分野で威力を発揮するツールです。その鋭い能力は、ユーザーが簡単にデータを保存、整理、操作することを可能にします。4D v19 R5は、この製品に新たな能力をもたらしました。

印刷の設定を簡単にするために、リボンに新しい機能が追加されました:ページレイアウトタブとページ設定ダイアログで印刷設定をサポートします。このダイアログには、ページ、余白、ヘッダー/フッター、シートのタブがあり、ユーザーはコマンドで多くのオプションを管理することができます。 VP SET PRINT INFOコマンドを使用します。

ここでは、そのすべてをご紹介します。

製品 blank

4D View Pro:改ページを利用して印刷領域を手動で調整する

Deeplからの自動翻訳

印刷時、改ページ位置はデフォルトで設定されていますが、独自の改ページを定義することで、印刷領域を調整することができます。

4D v19 R2からは、お客様が改ページ位置を選択しやすいように、4D View Proでは、手動で改ページを追加、削除でき、印刷プレビューのラインも表示されるようになりました。

製品 blank

4D View Pro: 印刷とPDFエクスポートの管理

VP PRINT と VP EXPORT DOCUMENT コマンドを使って、文書を印刷したり、PDF を作成したりすることができるようになりました。しかし、顧客に向けた魅力的なドキュメントを作成するためには、ドキュメントを印刷するだけでなく、ヘッダーやフッターを追加したり、ズームを定義したり、紙の向きを定義したりする必要があります。4D v18 では、これらの属性を定義する VP SET PRINT INFO コマンドのおかげで、すべてが可能になります!

製品 blank

印刷設定の保存と復元を行う新コマンド

Deeplからの自動翻訳

この機能により、ユーザーは、Windows または Mac OS の 32 ビットと 64 ビットの両方の環境で、印刷設定(4D印刷オプション取得と SET PRINT OPTIONコマンドで設定できないものも含む)をすばやく効率的に保存および復元することができます。

オフィスプリンタは、両面印刷、ステープル、パンチ、ウォーターマーク、インク節約、カラーキャリブレーションなど、多くの機能をサポートしています。新しいコマンドBLOB to print settingsと Print settings to BLOBはプリンタダイアログで利用可能な情報一式を保存、復元し完全自動(かつ顔なし)印刷ジョブを可能にします。