製品

Qodly Studio for 4D: 4D 20 R4の新機能

Qodly Studio for 4Dは、最小限のコーディング作業で Webアプリケーションを作成するための直感的なソリューションを提供します。

4D Server とのシームレスな統合により、デスクトップアプリケーション用に開発された既存のビジネスロジックを簡単に流用することができます。

Qodly Studio for 4D 20 R4 の最新の 4Dリリースの新機能に興味がありますか?Webアプリケーションのためのクールな新機能をご紹介しましょう。

    製品 blank

    レコードを削除しても、4D はセレクションの一貫性を保ちます

    データの削除には注意が必要です。問題を防ぐために、トランザクションを使用したり、バックアップやログに頼ったりすることができます。

    4D 20 R4 では、セレクション内のレコードを削除した場合に一貫性を保ち、セレクションを安定させるために、いくつかの改善がなされました。

    重要: これは、4D標準のQUERYコマンド と ORDA で扱われるデータの両方に適用されます。

    どのようにあなたの4Dコードが安全なものになるのか、続きをぜひご一読ください。

    製品 blank

    データエクスプローラーで作成・更新・削除する

    データエクスプローラーは、データを表示するための強力なツールです。その機能により、管理者はデータの一貫性を簡単に確保することができます。同時にデベロッパーも、専用フォームを新たに用意しなくても、データの作成・更新・削除用のコードを検証することができます。

    そして 4D 20 R4 では、ユーザーもデータを表示するだけでなく、データエクスプローラーのインターフェース内で直接データを修正することができるようになりました。そうです、データエクスプローラーのインターフェースで直接、データの追加・修正・削除ができるのです!

    製品 blank

    日付と時間のカスタマイズ

    日付や時刻の操作には、4Dの内部リソースや OSの設定に基づいた、様々な表現のための専用フォーマットがたびたび必要になります。

    通常は、規定のフォーマットで十分ですが、地理的に異なる場所や特殊な要件に対応するため、カスタムフォーマットが不可欠な場合もあります。4D 20 R4 では、このようなニーズに対応するために、大きな進歩がありました。

    製品 blank

    ノンブロッキング印刷

    4D 20 R4 では、4D 内部の印刷ジョブの管理が大幅に改善されました。4D は、複数の印刷ジョブを並行して実行できるようになり、アプリケーションの反応性が格段に向上すると同時に、並行する印刷ジョブの管理が容易になりました。

    詳しく説明しましょう!

    製品 blank

    4D View Pro: 4D 20 R4の新機能

    リリースのたびに、4D View Pro の機能リストは拡大し続けています。今回のリリースも例外ではありません: 4D 20.2 と 4D 20 R4 には、SpreadJS の新バージョン v16.2 と、それに対応したリボンのアップデートが含まれています。

    この最新バージョンで強化された機能を紹介していきましょう。

    製品 blank

    コードライブチェッカー導入: 4D開発におけるコード品質を向上

    4D 20 R4 では、コンパイル、シンタックスチェック、そしてコードエディターでの入力時に使用される、コードライブチェッカーというアルゴリズムを導入しました。このブログ記事では、この機能の特性がどのように 4Dデベロッパーにとって便利なのかを紹介します。

    製品 blank

    エラー処理の新しい方法

    最近、新しい throw()コマンドを使った新しいエラー処理メカニズムが導入されました。
    これは、エラーを生成するコードに可能な限り近い場所に配置された、新しいエラー処理システムへの第一歩となりました。
    4D 20 R4 では、式実行中のエラーをインターセプトできるように機能を拡張します。
    その詳細を見ていきましょう。

    製品 blank

    クライアントサーバー通信用のSSL/TLS証明書を自動生成

    クライアントサーバー間の通信のセキュリティを簡素化するために、4D 20 R4以降、4D Server は、4D が提供するデフォルトの証明書に依存する代わりに、独自のSSL/TLS証明書を生成します。

    このアップデートは、テスト環境と本番環境の両方に大きなメリットをもたらします。独自の証明書を提供する必要なく、セキュリティ対策が強化されます。何が変わるのか説明しましょう。