製品

グローバル警告生成のカスタマイズ

Deeplからの自動翻訳

警告は、4D開発者に潜在的なコードミスを警告するための貴重なツールです。4D 20 R6のリリースでは、どの警告を発生させるかをグローバルに定義できるようになり、全体的な開発エクスペリエンスが向上しました。

製品 blank

セッション権限を検査してデバッグを容易に

データへのアクセスをフィルタリングする強力な機能は、アプリケーションへの悪意あるアクセスを防ぐために不可欠です。

この機能は、データに対する特定のアクションを許可する権限を利用します。これらの権限は、ロールの形でユーザーに割り当てられ、認証時にSession オブジェクトに保存されます。

4D 20 R6 ではこの機能を強化され、セッション内の権限を検査できるようになりました。

詳細はこちらをご覧ください。

製品 blank

UX: サブフォームのスクロール動作の強化

Deeplからの自動翻訳

ユーザーフォームは、ユーザーにとって使いやすいものでなければなりません。しかし、スクロールがサブフォームとそのコンテンツの戦いになったらどうなるでしょうか?サブフォームのリストボックスをスクロールしようとすると、サブフォーム全体が動いてしまう。サブフォームのリストボックスをスクロールしようとすると、サブフォーム全体が動いてしまう!

これは4D 20 R6で改善され、より自然な動作になりました。

製品 blank

組み込みWebエリア初期化用カスタムパラメータ

Deeplからの自動翻訳

埋め込みWebエリアは、WebブラウザエンジンとしてCEFを利用しているため、エリアの初期化中に、自動再生ポリシースイッチのような、追加のCEFスイッチを組み込む方法を求める要望がありました。

4D 20 R6からは、パラメータファイルを使ってカスタムパラメータを管理できます。

製品 blank

オブジェクトとコレクションの簡単な参照比較

オブジェクトは4DランゲージとQodlyにとって不可欠なものとなりました。

しかし、このタイプの変数を宣言するときは、実際には参照を定義していることになります。では、2つのオブジェクトが実際には1つで、同じ参照を共有しているかどうかを知るにはどうすればいいのでしょうか?

4D 20 R6から、オブジェクト参照の比較はシンプルになりました。それには、= と # 演算子を使うだけです!

このブログ記事では、これらの演算子と、オブジェクトが同じ参照を共有しているかどうかを判断する方法について説明していきます。詳しく見ていきましょう!

製品 blank

4D Netkit:OAuth 2.0接続インターフェースのカスタマイズ

デザインや技術的な理由から、OAuth 2.0接続の接続インターフェイスの表示を管理する必要がある場合があります。4D 20 R6からは、自動的にウェブブラウザが開いて接続インターフェイスを表示するのではなく、authenticateURIを使って好きな場所に表示することができます。

このブログポストでは、MicrosoftのログインインターフェイスをWebエリア内で開く例を説明します。

製品 blank

ORDA – 歯抜けのエンティティセレクションにさよならを

Deeplからの自動翻訳

これは誰もが遭遇したことがあることかもしれません。ユーザーのために、エンティティセレクションを表示するインターフェイスをきっちりデザインしたとします。ユーザーはエンティティをドロップして選択肢を絞り込むことができますが、その後…ドロップしたエンティティがあった場所に空のスペースが現れます。

 

この場合どうしたらいいいのでしょうか?ドロップした後にエンティティセレクションの選択を作り直す?いえ、もう心配ありません!4D 20 R6では、たった1行のコードでこの悩みを解消する便利な機能が導入されました。

 

この機能がどやってインターフェイスをきれいに保ち、あなたのユーザーを満足させるかについて説明していきます。

 

製品 blank

4D Write Pro:空のデータソースを管理する!

Deeplからの自動翻訳

4D Write Proの 表は データソースから入力することができるため、可能な限りパーソナライズするために多くの機能が追加されています。データソースにリンクされた数式、ブレーク行ボトムキャリーオーバー行などです。

4D 20 R6では、新しい属性(wk empty datasource )により、テーブルの動作が改良されました。この属性により、リンクされたデータソースが空の場合の表の描画方法を定義することができ、ドキュメントの表示をより細かく制御することができます。

製品 blank

コンポーネント間でクラスを使用する

Deeplからの自動翻訳

コンポーネント開発者は、他の既存コンポーネントのクラスを利用する必要が頻繁にあります。

4D 20 R6では、コンポーネントに名前空間が宣言されている場合、そのクラスは、cs.namespaceを介して、ホストプロジェクトにロードされたすべてのコンポーネントからアクセスできるようになりました。

製品 blank

すべてのREST認証で強制ログインがデフォルトに

Deeplからの自動翻訳

最近、特権とds.authentify 関数を介して REST API へのアクセスを制御する新しい方法を提供しました:強制ログインです。この機能は、これまで利用可能だった認証メカニズムよりもはるかに多くのことを提供し、このブログ記事で明確に説明されています。

4D 20 R6では、強制ログインが REST認証のデフォルトモードになりました。なぜ、そしてどのようにこの移行を処理するのか、不思議に思いませんか?この記事を読み進めてください。