製品

VS Code用 4D-Analyzer 拡張機能で Tool4D を自動ダウンロード

Visual Studio Code の 4D-Analyzer エクステンションに、便利な新機能が追加されました!

この機能は、VS Code での 4D開発を開始、強化するプロセスを合理化することを目的としています。

これまで、VS Code用の 4D-Analyzer 拡張機能は、バックグラウンドで動作している 4Dアプリケーションが必要でした (4D、4D Server、または tool4d)。このセットアップにより、拡張機能は 4D LSP (Language Server Protocol) サーバーと通信することができました。
しかし、拡張機能のバージョン 0.2.0 のリリースにより、この要件はなくなりました。

製品 blank

コードライブチェッカー導入: 4D開発におけるコード品質を向上

4D 20 R4 では、コンパイル、シンタックスチェック、そしてコードエディターでの入力時に使用される、コードライブチェッカーというアルゴリズムを導入しました。このブログ記事では、この機能の特性がどのように 4Dデベロッパーにとって便利なのかを紹介します。

製品 blank

最新の検索・置換機能を紹介

コードエディターの “検索と置換” 機能は、何年も前から存在しています。デベロッパーは、大規模なコードベースを扱う場合はとくに、簡単かつ効率的にコードを検索・置換することができます。4D v20 では、コーディングの効率化のためにこの機能を使用しているデベロッパーに喜ばれるであろう改良が施されています:

  • 置換するコードの出現回数が把握できます
  • 現在の位置を知ることができます
  • “次へ”、”前へ” のナビゲーション機能に永続的にアクセスできます。
  • モーダルウィンドウの代わりにパレットを表示し、クリック回数を減らします。
製品 blank

4D v20 の VS Codeエディター新機能

新しいリリースとともに、新しい VS Code拡張機能が追加され、この無料エディターでコードを表示・編集したいデベロッパーのために提供されています。

4D v20 は、4D-Analyzer 拡張機能 を通して、Visual Studio Code エディターに新しい機能を提供します: タイプミスを減らすシンタックスチェック、コードの見栄えを良くする折りたたみ機能 インデントの自動整形、そして LSPサーバーの起動を高速化する tool4d です。

製品 blank

VSコード定義とシグネチャのヘルプに移動

Deeplからの自動翻訳

4D v19 R6 では、外部のソースコードエディター (Visual Studio Code など)をサポートし、4D コードを扱えるようにし、Visual Studio Code 拡張機能を使用してシンタックスハイライトなどの標準機能を提供するようにしました。

4Dv19 R7では、2つの新機能が追加されました。定義へ移動」と「シグネチャーヘルプ」です。

製品 blank

Visual Studio Code 拡張機能を使用したコードのシンタックスハイライトの設定

Deeplからの自動翻訳

先日、Visual Studio Codeの新しい拡張機能で、VS Codeが4Dと通信してコードを管理できるようになったことをお話しました。シンタックスハイライトは、4D v19 R6の最初のLanguage Server Protocolの機能でした。それでは、ソースコードのレンダリングをカスタマイズする方法を見ていきましょう。