製品

完全なパーミッション・システムでデータへのアクセスをフィルタリングする

Deeplからの自動翻訳

データへのアクセスをフィルタリングすることは、アプリケーションへの悪意あるアクセスを防止するために必須の機能です。

これまでは、データクラスとその属性の一部をRESTリソースとして公開したり公開しなかったりすることができました。それはすでに、データへのアクセスを制限する便利な手段でした。しかし、v19R8では、不正なユーザーからデータを保護するための、 強力で完全にカスタマイズ可能なシステムを提供することができ、大変うれしく思っています。データを保護するシステムは、誰がアクセスするのか、どの データにアクセスするのかによって異なります。

ヒント blank

4Dアプリケーションのためのヒントとコツ – 11月版

Deeplからの自動翻訳

by Add Komoncharoensiri, Director of Technical Services at 4D Inc.

 

またまた、技術情報をお届けします。

4Dナレッジベースは、4Dテクノロジーに関する情報ライブラリーで、毎週技術的なヒントと毎月の技術ノートが活発に公開されています。もし、前回のナレッジベースでのヒントを見逃したとしても、大丈夫です。

このブログ記事は17のTipsをカバーしています。

ヒント blank

4D Write Proでドキュメントの一括作成・印刷を行う。

Deeplからの自動翻訳

どのようなビジネスであっても、リスト、インベントリー、トラッキングシート、プロダクトシート、インボイス、その他多くの文書を作成する必要があります。これらのドキュメントは通常、印刷されるか、アーカイブのためにPDFで保存されます。

4D Write Proは、すべてのドキュメントを作成するための理想的なツールです。以下は、4D Write Proで利用可能ないくつかの機能のリストで、印刷用の美しいドキュメントを作成するのに役立つものです。

これらの様々な機能を用いて、作成されたドキュメントの例をいくつか紹介します。

製品 blank

モバイル向け4D。エイリアスにご挨拶

Deeplからの自動翻訳

ご存知のように、エイリアスは4D v19 R4から利用できるようになりました。エイリアスと計算属性は、私たちの開発フレームワークにとって大きな前進となりました。

ビジネス関連の数式を4Dユーザーインターフェースで定義する時代は終わりました。これらのコンセプトは、ビジネスロジックをUIから分離する新しい方法を提供し、各パーツを別々に最適化することでパフォーマンスを向上させることを可能にします。

そして今、4D v19 R6では、エイリアスが完全に利用でき、エイリアスが4D側で定義されると同時に、iOSやAndroidのモバイルプロジェクトで スカラーに使用できるようになりました。

製品 blank

4D Write Pro: エンティティセレクションやコレクションで表組みを動的に埋める

開発者として、私たちはしばしば複雑で高度な 4D Write Pro ドキュメントを作成します。データを表示するための表組みが必要なとき、その行列の内訳はあらかじめ明確ではないかもしれません。毎回手作業で、表組みにデータを入れていくのは手間です。そこで、データコンテキスト を使って、ORDA とオブジェクト指向開発の手法を 4D Write Pro ドキュメントに取り入れました。

具体的には、4D Write Pro の表組みに対して、”データソース” を定義することが可能になりました。この “データソース” (エンティティセレクションまたはコレクション) は、表組みの行を自動で生成します。

詳しく見ていきましょう!

ヒント blank

4Dアプリケーションのためのヒントとコツ – 6月版

Deeplからの自動翻訳

by Add Komoncharoensiri, Director of Technical Services at 4D Inc.

さて、今回もまた新たなヒントをご紹介します。

ご存知のように、4Dナレッジベースは、4Dテクノロジーに関する情報を集めたライブラリーで、毎週技術的なヒントと毎月のテクノートが活発に公開されています。もし、前回のナレッジベースでのヒントを見逃したとしても、大丈夫です。

このブログでは、16のTipsを紹介しています。

ヒント blank

ORDA – RESTリクエストの最適化ステップバイステップ (+ A demo)

Deeplからの自動翻訳

ORDA/RESTのパフォーマンスは戦略的な問題です。そのため、クライアント/サーバーやリモートデータストアを使用する際のORDA/RESTリクエストの最適化など、このトピックに関連する多くの機能を出荷しています。最近では、ORDA/RESTリクエストの最適化を 完全に制御できるようになりました。

このブログ記事では、ORDA/RESTパフォーマンスゲームのエースとなるために従うべき計画を提供します。このブログポストには、読むべき他のブログ記事、見るべきビデオ、そしてあなたのアプリケーションのパフォーマンスを 迅速かつ容易に 向上させるためのデモが含まれています。

製品 blank

ORDAと4Dライトプロ : パワーカップル!

Deeplからの自動翻訳

4D Write Proの文書には、データベースに依存したデータや計算を返す数式が含まれていることがよくあります。コンテキストを使用することで、そのデータをドキュメントに関連付けることが簡単にできるようになりました。

このブログでは、4D Write ProのドキュメントとORDAで取得したデータを組み合わせることで、どのようにコードが明確になり、メンテナンスが容易になるかを紹介します。

製品 blank

ORDA – RESTリクエストの完全な制御によるパフォーマンスの最適化

Deeplからの自動翻訳

以前のバージョンで、リモートデータストアとクライアント/サーバー構成で作業するときにパフォーマンスを向上させるために、ORDA RESTリクエストが自動的に最適化される方法を発見しました。

ORDA RESTリクエストの自動最適化を利用するために、コンテキストを使用できることを学びました。

これは重要なステップでしたが、今度はRESTリクエストの動作を完全に制御できるようにすることを提案します。パフォーマンスは戦略的な関心事なので、この新機能をぜひ発見してください。

さらに、問題を理解しデバッグするのに役立つ新しい ツールも利用できるようになりました。

プレゼンテーションの全容は、引き続きご覧ください。