製品

スケーラブルなウェブセッションによるサーバー上でのデバッグ

Deeplからの自動翻訳

スケーラブルWebセッションは、4D v18 R6でもたらされた重要な改良点です。これにより、4Dタグ、4Dアクション、REST APIを、4Dサーバー上で、インタプリタモードでも、プリエンプティブなプロセスで使用することができるようになりました。しかし、このようなプログラムをデバッグするには、プリエンプティブプロセスではデバッガーウィンドウを開くことができないため、サーバー上で開発環境を開き、協調モードに切り替えさせる必要があったのです。このように、v19 R2までは、REST、4Dアクション、4Dタグのデバッグが可能でした。v19 R3からは、これらすべてが簡単になり、通常通りデバッガをアタッチするだけでサーバーサイドのデバッグができるようになりました。

ヒント blank

4D REST API + ReactJS

Deeplからの自動翻訳

by Mourad Aouinat, ソフトウェアエンジニア at 4D Morocco

前回のブログポストでは、4Dを使ったREST APIのセットアップがいかに簡単かを紹介しました。このブログ記事では、強力な4D REST APIとReactを組み合わせて、ToDoを開く機能、新規作成機能、既存のToDoの変更機能、一括変更と一括削除機能を備えたToDoアプリを構築します。

製品 blank

クッキーの新しい属性であるSameSiteとSecureに対応するための準備

Deeplからの自動翻訳

Cookieの能力は長年にわたって成長し、進化してきましたが、いくつかのレガシー問題を残しています。これを処理するために、ブラウザ(Safari、Chrome、Firefox、Edge を含む)は、SameSite属性とSecure属性に関する動作を、Cookie のsecure-by-defaultモデルのために変更しています。

4D ウェブ開発者として、アプリケーションがクロスサイト・リクエスト・フォージェリから保護されることを望むなら、4Dウェブセッション・セッ ション・クッキーについて懸念されるかもしれません。

ウェブセッション・クッキーがウェブ上で無意味に流通したり、デフォルト値が適用されているためにブラウザに誤解されたりするのを防ぐために、それがそうであるかどうかを尋ねるべきです。

  • サードパーティークッキー:クッキーを発見したページのドメイン名とは異なるドメイン名に関連付けられている。サードパーティークッキーは、ページをホストしているドメイン以外のドメインから発信されたページオブジェクト広告など)によって配置されます。

または

  • ファーストパーティークッキー:ページのドメインに関連づけられる。

ユースケースに応じて、ウェブ・セッション・クッキーのSameSite 属性に適切な値を選択する必要があります。

セキュリティを強化するために、接続がセキュア(HTTPS)であるときにウェブ・セッション・クッキーにSecure属性を設定し、クッキーが安全に送信できることをブラウザに示す必要があります。

ウェブ上のプライバシーとセキュリティを向上させるために、4Dがどのようにあなたを支援しているか、読み続けてください。

製品 blank

ORDA新4Dタグで簡単ループ

Deeplからの自動翻訳

ORDAのエンティティセレクションやコレクションを扱う際に、For each…End for eachループを使用したことがあるかと思います。その使い方は簡単でわかりやすいものです。 SHTMLページで4Dタグとして使用したいですか?あるいは、PROCESS 4D TAGSコマンドで使用したいですか?

4D v19で、それが可能になりました。もっと詳しく知るために、読み進めてください。

製品 blank

4Dデータエクスプローラーの動作

Deeplからの自動翻訳

4D Data Explorerはまだプレビュー 版ですが(次のバージョンではさらに多くの機能が追加されます)、私たちはこの製品の動作をお見せし、その能力を知っていただこうと考えました。

これは、管理者だけでなく開発者も使用できるWebブラウザーのインターフェースで、リモート(HTTPS接続による安全な方法)またはローカル(開いているデータベースと同じマシン)で使用できます。

開発中にデータをチェックする必要がありますか?バグの原因となるデータを見つける必要がありますか?強力なクエリーエンジンと直感的なウェブインターフェースを備えたデータエクスプローラーは、あなたのために作られました。

それでは、ビデオをご覧ください。

製品 blank

高度なWebアプリケーションに対応したスケーラブルなセッション

Deeplからの自動翻訳

今日、Webアプリケーションは必要不可欠な現代ツールです。マシンとプロセッサーがより強力になるにつれ、Webアプリケーションは常にパフォーマンス要件を満たす必要があります。4D v18 R6で、4D Web Serverが新しいタイプのWebセッションを提供するのはこのためです。

では、詳しく見ていきましょう。

製品 blank

Cross-Origin Resource Sharing (CORS)のサポート

Deeplからの自動翻訳

HTTP データリクエストを作成したら、「HTMLリクエストへのアクセスはcorsポリシーによってブロック されています」という赤いエラーに見舞われたことはないだろうか?

あなたのサイトがWebサービスサーバーと同じドメインにある場合は問題ありません。しかし、クロスオリジンリクエストを実行するとそうはいきません。ブラウザのセキュリティにより、別のドメインへのHTTPリクエストが阻止されるため、アクセスが拒否されます。その結果は?CORSポリシーエラーです。

サーバー上で特定のクロスオリジンリクエストを明示的に許可するために、4Dは現在、CORSプロトコルをサポートしています。クロスオリジンリクエストでデータにアクセスすることが簡単になりました。

製品 blank

オフスクリーンのウェブエリアを使用する

Deeplからの自動翻訳

ヘッドレスサーバーでWebページをロードしたり、メタデータを抽出したり、ページのコンテンツから画像を生成したりする必要がありますか?もし、「はい」と答えたなら、4D v18 R3がそれを可能にするので、ラッキーです!コマンドでオフスクリーンウェブエリアを作成できるようになりました。 WA Run offscreen areaコマンドで作成できます。

製品 blank

1つの4Dインスタンスに複数のウェブサーバを搭載

Deeplからの自動翻訳

例えば、Webアプリケーションのコードをいくつかのビジネスユニットに分割したり、管理者用のWebサーバーをユーザー用から分離したり、まだプリエンプティブに対応していない古い部分を別のインスタンスで実行して、メイン部分をプリエンプティブに実行できるようにするために、複数のWebサーバーを使用する必要があったことがありますか。

4D v18 R3では、このようなことが簡単にできるようになります。

ヒント blank

4D RESTセッションの理解を深める

Deeplからの自動翻訳

以前のブログ記事で、4D RESTサーバを始める方法を紹介しました。Postmanを使った様々なCRUDオペレーションを紹介し、RESTの完全なドキュメントを紹介しました。今回のブログでは、4Dでセッションがどのように機能するかを説明します。この理解によって、4D RESTサーバを使用してセッションベースの認証システムを構築することができるようになります。