製品

Gmail API を使ったメール送信

私たちはメール通信の重要性を理解しており、電子メールの送信は現代のアプリケーションにおいて頻繁に必要とされるものだと認識しています。Gmail を使用している多くのユーザーより、Gmail API を使ったメール送信を容易にする API を望む声を頂いています。OAuth2.0 の統合は、Gmailサーバーとの接続を確立するために不可欠でした。

4D v20 R2 では、Gmail との連携を容易にするための最初の一歩として、メール送信コマンドを実装しました。

製品 blank

IMAP: メールボックスID とメールキーワード

4D v20 では、IMAPトランスポーターに非常に便利な機能が 2つ追加されました!

IMAPメールサーバーやクライアントの中には、メール内のカスタムキーワードを管理し、固有の機能を利用する必要があるものがあります。

また、IMAPトランスポーターにメールボックスID のサポートを追加し、名前を変更した後でも、メールボックスを識別できるようにしました。

製品 blank

POP3: メールヘッダーのみのダウンロード

POP3 を使用して電子メールを取得する場合、メッセージ本文をダウンロードせずに、メッセージヘッダー (送信者、件名、日付などの情報を含む) だけを取得することが可能です。

ヘッダーのみを取得することは、メールボックスのメッセージリストを素早く目を通し、どのメッセージをダウンロードして読むかを決定したい場合に役立ちます。

4D v20 から、POP3トランスポーターの .getMail() 機能に新しいパラメーターが追加され、メールを本文なしで受信できるようになりました。この機能は、既読メールの削除を誘発しないので、Gmail を使用している場合は、さらに便利です。

製品 blank

Microsoft 365: Microsoft Graph APIによるメールフォルダーの作成・削除・名前の変更

電子メールなどの Microsoft 365 のデータにアクセスする方法として、Microsoft は IMAP と POP3 の Basic認証を廃止し、Graph API をますます推進するようになっています。

4D v20 で、フォルダーを管理するための機能セットが追加されたことにより、Microsoft Graph API を使ったプログラミングでメールボックスを管理する機能が 4D NetKit に揃いました。

製品 blank

Microsoft 365: Microsoft Graph API でメールをコピー、移動、返信、削除する

Microsoft 365 の、メールなどのデータにアクセスする方法として、Microsoft は IMAP と POP3 の Basic認証を廃止とし、Graph API の使用を推進しています。

v19 R8では、4D NetKit にビルトインコマンドが新しく追加され、メールのコピー、移動、返信、削除などの Microsoft 365 メールの操作をネイティブで自動化できるようになりました。

製品 blank

Microsoft 365: Microsoft Graph API でメールを受信する

Microsoft 365 の、メールなどのデータにアクセスする方法として、Microsoft は IMAP と POP3 の Basic認証を廃止とし、Graph API の使用を推進しています。

4D v19 R3 では、OAuth 2.0 接続と Graph API によるメール送信を管理するために 4D Netkit コンポーネントを導入しました。

v19 R8 では、メールの受信 メールボックスフォルダーを一覧表示 するための 新しいコマンド を追加しています。

製品 blank

Microsoft 365: 電子メールの送信

私たちは、メール送信の重要性、そしてそれが今日のアプリケーションにおいて一般的なタスクであることを理解しています。Office 365 を使って仕事をしている多くの人から、Microsoft Graph API を使ってメールを送信する API が欲しいという要望がありました。Microsoft サーバーに接続し、ユーザー情報を取得するコマンドを導入するためには、OAuth 2.0 機能が必須条件でした。メール送信コマンドを皮切りに、今後もメール管理の機能を推し進めていけることを嬉しく思います。

製品 blank

Microsoft 365へのアクセス

4D v18 R6 では、IMAP、SMTP、または POP3トランスポーターを介してメールにアクセスするために OAuth 2.0認証 を導入しました。4D v19 R3 では、4D は OAuth 2.0プロトコルを引き続き実装し、Microsoft 365 の API に接続するために Microsoft ID プラットフォームからプログラミングで簡単にトークンをリクエストする方法を提供します。

製品 blank

IMAPによるメールボックスの作成、削除、名前の変更

Deeplからの自動翻訳

メール機能、巨大な機能群です。4D v17 R4で最初の部分がリリースされ、それ以降、どんどん機能をお届けしてきました。

4D v19も例外ではなく、メールボックスをプログラミングで管理するための新機能を搭載しています。それには、メールボックスの作成、名前の変更、削除が含まれます。メールボックスは、Microsoft OutlookやApple Mailなどのメールクライアントでは、フォルダーとして表示されます。

製品 blank

IMAPフラグの管理

Deeplからの自動翻訳

ソリューションが他の電子メールクライアントとスムーズに統合できるようにするために、しばしば「既視」または「緊急」などの情報を追加する必要があります。IMAPプロトコルは、この追加情報を管理するために、フラグのリストをメッセージに関連付けることができます。4D v18 R6には、IMAPフラグを追加または削除するIMAP Transporterオブジェクトのための一連の関数が含まれています。