製品

4D Netkit: 証明書を使用した OAuth2.0 認証

Microsoft Identity Platform のようないくつかの OAuth 2.0 サーバーは、クライアントシークレットの代わりに証明書を使用する認証オプションを提供しています。このアプローチを使用することで、プロトコル内のセキュリティと認証メカニズムが強化されます。4Dのバージョン 20 R5 以降、Netkit には OAuth 2.0 の証明書ベースの接続管理が組み込まれています。

製品 blank

4D NetKit:OAuth 2.0でのPKCE

OAuth 2.0は現代における認証の礎ともいえるものです。PKCEの登場は、OAuth 2.0を傍受やリプレイ攻撃から保護するための極めて重要な機能強化です。4D 20 R5での導入により、OAuth 2.0認証プロセスにPKCEをシームレスに統合することが可能になりました。

製品 blank

4D Netkit:Gmailラベルの作成・削除・更新

Gmailラベルは、メールを分類・整理する柔軟な方法を提供し、パーソナライズされた効率的なメール管理を可能にします。ラベルを使用することで、ナビゲーションやメッセージの識別が容易になり、メール操作におけるユーザーエクスペリエンスが向上します。

4D v20 R4 では、ラベル管理に関わる機能セットが 4D NetKit に追加され、プログラミングで Gmailラベルを管理するための機能一式が揃いました。

製品 blank

Microsoft 365: メールのプロパティを更新する

皆様からのフィードバックは重要であり、この機能もまたそういったフィードバックの中の一つでした。

多くの開発者が、メールの’isRead'(既読)フラグを更新するコマンドを期待されていました。4D v20 R3 以降、この要望の多かった機能が4D Netkit に取り入れられました。新しいOffice365.mail.update()’関数を使えば、受信済みメールや下書きメールの様々なプロパティを簡単に更新できるようになりました。

詳細は続きをご覧ください。

製品 blank

4D Netkit: Gmail からラベルや Eメールを取得

Gmail API の 4D Netkit への統合を進めるなかで、メールをシームレスに管理するための包括的なコマンドのセットが提供できるようになりました。

4D v20 R3 では、ラベルのリストを簡単に取得し、メールを取得し、効率的に削除できる新しいコマンドを紹介します。

詳しく見ていきましょう!

製品 blank

Gmail API を使ったメール送信

私たちはメール通信の重要性を理解しており、電子メールの送信は現代のアプリケーションにおいて頻繁に必要とされるものだと認識しています。Gmail を使用している多くのユーザーより、Gmail API を使ったメール送信を容易にする API を望む声を頂いています。OAuth2.0 の統合は、Gmailサーバーとの接続を確立するために不可欠でした。

4D v20 R2 では、Gmail との連携を容易にするための最初の一歩として、メール送信コマンドを実装しました。

製品 blank

4D NetKit: OAuth2認証の強化

4D v19 R3 では、OAuth 2.0 を介してアプリケーションを Microsoft Graph API に接続することが、4D NetKit を使用することで非常に便利になりました。

そして、4D v20 R2 では、Google API その他の OAuth 2.0サーバー OAuth 2.0トークンをシームレスに取得できるようになりました。さらに、この認証プロセスのアプリケーションへの統合をさらに強化するために、トークンを受け取ったら、独自のHTMLページを Webブラウザーに直接表示 できる機能を導入しました。

詳細はこちらをご覧ください!

製品 blank

Microsoft 365: Microsoft Graph APIによるメールフォルダーの作成・削除・名前の変更

電子メールなどの Microsoft 365 のデータにアクセスする方法として、Microsoft は IMAP と POP3 の Basic認証を廃止し、Graph API をますます推進するようになっています。

4D v20 で、フォルダーを管理するための機能セットが追加されたことにより、Microsoft Graph API を使ったプログラミングでメールボックスを管理する機能が 4D NetKit に揃いました。