製品

4Dにおけるコンポーネント管理の簡素化

4D開発において、コンポーネントの管理というタスクは一般的にかなりの労力を必要とします。しかし、4Dの新機能のコンポーネントマネージャー機能を使用することで、コンポーネント管理は大きく進化しました。

コンポーネントを特定のComponentsフォルダに配置する制約がなくなったことにより、この機能は、2つの重要な要素から成り立っています。 dependencies.json および environment4d.json ファイルです。これらのファイルは、開発者にアプリケーションの依存関係をより良く可視化し、コンポーネントパスをカスタマイズする柔軟性を提供します。

製品 blank

4DでGitHubコードスペースの可能性を探る

GitHubは開発者向けに強力なツールを提供しています。その一つがCodepacesで、統合されたVisual Studio Codeのインスタンスを使って、どこからでもオンラインでGitHubのリポジトリに保存されたコードを開発することができます。

これは4Dプロジェクトでも使用できる機能です!

このパワフルなツールのことを知って、新しいコーディングの方法をのぞいてみましょう!

製品 blank

旧式ネットワークレイヤーの廃止

4Dクライアントと4Dサーバー間の通信の管理するためには、4Dでは3つの異なるネットワークレイヤーが用意されています:

  • 旧式ネットワークレイヤー
  • ServerNet
  • そしてQUICです。

旧式ネットワークレイヤーは、30年前の4D v3で導入され、当初はAppleTalk用に開発され、ISDN用に拡張され、その後IPXが追加され、最終的にTCP/IPが追加されました。

これが開発された当初は、現在の4Dのクライアント/サーバー通信とはかけ離れた使い方がされていました。シングルスレッドで、暗号化されていない低速ネットワークに最適化されており、多くの異なるネットワークプロトコルに対応していました。そのため、最新のネットワーク通信にはまったく最適化されておらず、サポートする機能も非常に限られています。

そのため、4D 20 R5では、旧式ネットワークレイヤーを廃止予定とし、近々削除する予定です。まだ旧式ネットワークレイヤーを使用しているのであれば、今すぐServerNetに移行することをお勧めします。この移行によってどのようなメリットが得られるか、ご説明しましょう。

製品 blank

4D Netkit: 証明書を使用した OAuth2.0 認証

Microsoft Identity Platform のようないくつかの OAuth 2.0 サーバーは、クライアントシークレットの代わりに証明書を使用する認証オプションを提供しています。このアプローチを使用することで、プロトコル内のセキュリティと認証メカニズムが強化されます。4Dのバージョン 20 R5 以降、Netkit には OAuth 2.0 の証明書ベースの接続管理が組み込まれています。

製品 blank

4D View Pro: カスタムファンクションの強化

時には、対象となるセルの数がわからないまま、列や行のコンテンツに基づいた特殊な計算が必要になることがあります。

4D 20 R5 では、スプレッドシートのカスタムファンクションに “A1:C10” のような複数セルのレンジを渡したり、”OBJECT(“Firstname”,B2, “Lastname”,C2)” のようなオブジェクトを渡したりして、それらのセルのコンテンツを格納したコレクションやオブジェクトを 4Dメソッドで取得できるようになりました。

製品 blank

クラスのプロパティ宣言と代入を1行で行う

4D 20 R5では、合理化されたプロパティ宣言により、変数代入のように、宣言と同時にプロパティを初期化できるようになりました。

この改善により、開発者はプロパティの宣言と初期化を1行で行えるようになり、コードの可読性が向上するとともにより効率化することができるようになりました。またこれにより、よりスムーズな統合が容易となり、初期化ブロックを個別に作成しなくてもよくなります。開発ワークフローが最適化され、インタープリターでもコンパイルモードでもコードの堅牢性が確保されるため、よりクリーンで保守性の高いコードベースが実現します。

製品 blank

4D NetKit:OAuth 2.0でのPKCE

OAuth 2.0は現代における認証の礎ともいえるものです。PKCEの登場は、OAuth 2.0を傍受やリプレイ攻撃から保護するための極めて重要な機能強化です。4D 20 R5での導入により、OAuth 2.0認証プロセスにPKCEをシームレスに統合することが可能になりました。

製品 blank

4D Write Pro.インターフェイスで利用可能な新しいセクションオプション

ご存知のように、4D Write Proは、連続したセクションと改ページされたセクションの2種類を管理します。

右ページと左ページを区別したい場合も、最初のページを他のページと区別したい場合も、これらの方法はかつてはプログラミングかコンテキストメニューを使用しなければなりませんでした。しかし、インターフェイスは進化しているのです!