製品

4D View Pro: 表組みのスタイルをカスタマイズ

表組みは、4D View Pro ドキュメントに不可欠な要素です。そのため、4D のリリースを通じて、多くの表組み関連の機能を提供してきました。4D v19 R8 では、ドキュメントの一部として表の見た目がフィットするように、スタイル関連の新機能が追加されました。

新しい VP Set table theme コマンドを使えば、規定の表テーマをプログラミングで適用することができます。もし、これらの規定テーマがニーズに合わない場合は、独自のテーマを定義して表組みに適用できます。

製品 blank

4D View Pro: 行と列を管理する新しいコマンド

スプレッドシートは、素晴らしい汎用性のあるツールです。ダッシュボードから入出力UI まで、4D View Pro が提供するスプレッドシートは、エンドユーザーが遭遇する多くの状況を迅速に解決することができます。

以前、4D View Pro の表組み機能 を使って、データコレクションを表示・修正する方法を紹介しました。必要に応じて、この表組みに後から列を追加・削除することが必要なことがあります。4D v19 R7 では、表組みの列と行を管理するため、いくつかの新しいコマンドが 4D View Pro に追加されました。どのように機能するか見てみましょう。

ヒント blank

4Dアプリケーションのためのヒントとコツ – 8月版

Deeplからの自動翻訳

by Add Komoncharoensiri, Director of Technical Services at 4D Inc.

さて、今回もまた新たなヒントをご紹介します。

ご存知のように、4Dナレッジベースは、4Dテクノロジーに関する情報を集めたライブラリーで、毎週技術的なヒントと毎月のテクノートが活発に公開されています。もし、前回のナレッジベースでのヒントを見逃したとしても、大丈夫です。

このブログでは、16のTipsを紹介しています。

ヒント blank

4Dアプリケーションのためのヒントとコツ – 7月版

Deeplからの自動翻訳

by Add Komoncharoensiri, Director of Technical Services at 4D Inc.

さて、今回もまた新たなヒントをご紹介します。

ご存知のように、4Dナレッジベースは、4Dテクノロジーに関する情報を集めたライブラリーで、毎週技術的なヒントと毎月のテクノートが活発に公開されています。もし、前回のナレッジベースでのヒントを見逃したとしても、大丈夫です。

このブログでは、16のTipsを紹介しています。

製品 blank

4D View Pro: コレクションを表組みとして表示

ご存知のように、4D View Pro では、データを簡単に読み込んでスプレッドシートに表示することができます。
4D v19 R6 では、さらにエキサイティングなお知らせがあります。このブログ記事では、ヘッダー、表サイズ変更、合計行、並べ替え、フィルターなどの追加機能の恩恵が受けられるほか、より多くのことができるようになった新しい 表組み 機能をご紹介します。また、データクラスやコレクションから素早くデータを読み込む方法も紹介します。デモでは具体的なサンプルと、おまけのビジュアルチャートも提供していますので、お見逃しなく。

ヒント blank

4Dアプリケーションのためのヒントとコツ – 6月版

Deeplからの自動翻訳

by Add Komoncharoensiri, Director of Technical Services at 4D Inc.

さて、今回もまた新たなヒントをご紹介します。

ご存知のように、4Dナレッジベースは、4Dテクノロジーに関する情報を集めたライブラリーで、毎週技術的なヒントと毎月のテクノートが活発に公開されています。もし、前回のナレッジベースでのヒントを見逃したとしても、大丈夫です。

このブログでは、16のTipsを紹介しています。

製品 blank

4D View Pro:印刷インターフェース

Deeplからの自動翻訳

4D View Proは、様々な分野で威力を発揮するツールです。その鋭い能力は、ユーザーが簡単にデータを保存、整理、操作することを可能にします。4D v19 R5は、この製品に新たな能力をもたらしました。

印刷の設定を簡単にするために、リボンに新しい機能が追加されました:ページレイアウトタブとページ設定ダイアログで印刷設定をサポートします。このダイアログには、ページ、余白、ヘッダー/フッター、シートのタブがあり、ユーザーはコマンドで多くのオプションを管理することができます。 VP SET PRINT INFOコマンドを使用します。

ここでは、そのすべてをご紹介します。

製品 blank

4D View Pro: データコンテキストを使ったデータ表示

4D View Pro では、データをロードし、テンプレートを作成するための新しい方法、データコンテキスト が利用できるようになりました。データコンテキストを設定すると、ドキュメントにプレースホルダーを設置し、そこにデータを差し込めるようになります。

VP SET CUSTOM FUNCTION であらかじめ許可しなくても、ほんの数行のコードで、オブジェクトやコレクションを表示することができます!

では、その詳細を見ていきましょう。