製品

スケーラブルなウェブセッションによるサーバー上でのデバッグ

Deeplからの自動翻訳

スケーラブルWebセッションは、4D v18 R6でもたらされた重要な改良点です。これにより、4Dタグ、4Dアクション、REST APIを、4Dサーバー上で、インタプリタモードでも、プリエンプティブなプロセスで使用することができるようになりました。しかし、このようなプログラムをデバッグするには、プリエンプティブプロセスではデバッガーウィンドウを開くことができないため、サーバー上で開発環境を開き、協調モードに切り替えさせる必要があったのです。このように、v19 R2までは、REST、4Dアクション、4Dタグのデバッグが可能でした。v19 R3からは、これらすべてが簡単になり、通常通りデバッガをアタッチするだけでサーバーサイドのデバッグができるようになりました。

ヒント blank

リモート4Dアプリケーションのスリーピングタイムアウトを定義する方法

Deeplからの自動翻訳

セッションの損失を防ぐために、4Dはリモート4Dアプリケーションのスリープ状態を監視しています。

ユーザーがリモートの4Dアプリケーションから4Dサーバーに接続し、コンピューターがスリープモードになると、その情報が4Dサーバーに送信されます。ユーザーのコンピューターが起動した瞬間に、リモート4Dアプリケーションは実行コンテキストを回復します。

製品 blank

高度な Webアプリケーションに対応したスケーラブルセッション

Webアプリケーションは現代に不可欠なツールです。マシンとプロセッサーがより強力になるにつれ、Webアプリケーションは常にパフォーマンス要件を満たさなくてはなりません。4D v18 R6 で、4D Webサーバーが新しいタイプの Webセッション、スケーラブル Web セッション を提供するのはこのためです。

では、詳しく見ていきましょう。

ヒント blank

4D RESTセッションの理解を深める

Deeplからの自動翻訳

以前のブログ記事で、4D RESTサーバを始める方法を紹介しました。Postmanを使った様々なCRUDオペレーションを紹介し、RESTの完全なドキュメントを紹介しました。今回のブログでは、4Dでセッションがどのように機能するかを説明します。この理解によって、4D RESTサーバを使用してセッションベースの認証システムを構築することができるようになります。

ヒント blank

モバイルセッションを簡単に管理するための、すぐに使えるコンポーネントです。

Deeplからの自動翻訳

以前の ブログ記事で、「モバイルセッション管理」のコンセプトを紹介しました。最初のユーザーリクエストの後のユーザーを追跡することができる概念です。今回のブログ記事では、モバイルユーザーを簡単に管理するためのコンポーネントをご紹介します。

製品 blank

4D for iOSでモバイルセッションを管理する

Deeplからの自動翻訳

4D for iOSには、初めてのモバイルアプリケーションを簡単に始められるように、いくつかの機能とコンセプトが盛り込まれています。ステップバイステップのチュートリアルに加えて、学習プロセスをスピードアップするためのヒントをブログ記事で提供します。この投稿では、4D for iOSの重要なコンセプトを探ります。モバイルセッション管理