製品

旧式ネットワークレイヤーの廃止

4Dクライアントと4Dサーバー間の通信の管理するためには、4Dでは3つの異なるネットワークレイヤーが用意されています:

  • 旧式ネットワークレイヤー
  • ServerNet
  • そしてQUICです。

旧式ネットワークレイヤーは、30年前の4D v3で導入され、当初はAppleTalk用に開発され、ISDN用に拡張され、その後IPXが追加され、最終的にTCP/IPが追加されました。

これが開発された当初は、現在の4Dのクライアント/サーバー通信とはかけ離れた使い方がされていました。シングルスレッドで、暗号化されていない低速ネットワークに最適化されており、多くの異なるネットワークプロトコルに対応していました。そのため、最新のネットワーク通信にはまったく最適化されておらず、サポートする機能も非常に限られています。

そのため、4D 20 R5では、旧式ネットワークレイヤーを廃止予定とし、近々削除する予定です。まだ旧式ネットワークレイヤーを使用しているのであれば、今すぐServerNetに移行することをお勧めします。この移行によってどのようなメリットが得られるか、ご説明しましょう。

製品 blank

SSL/TLS: ECDSA証明書のサポート

4D は SSL/TLS を使用して、クライアントサーバー間の通信と HTTPリクエストを保護します。4D は10年以上前から RSA暗号をサポートしており、4D 20 R3 では ECDSA暗号を追加しました。いい機会なので、セキュリティについて少しお話ししましょう。

製品 blank

プロジェクトモードでの4D Serverでの同時開発

Deeplからの自動翻訳

4D v18でリリースされたProjectsは、バージョン管理システムとの互換性を持たせるなど、4Dの機能を劇的に拡大させました。

優れたフィードバックにより、4Dコミュニティの間でこの機能が大幅に採用されたことを、私たちはこれ以上ないほど誇りに感じています。このため、私たちはより良いものにするために、この機能を改善することにしました。

また、「1つの開発サーバーでチームとして同時に作業できるようにしてほしい」というご要望もありました。4D v19 R6では、プロジェクトモードで開発サーバーで作業することができるようになりました。

製品 blank

Windows上でのクロスプラットフォーム・クライアント/サーバーアプリケーション構築の簡素化

Deeplからの自動翻訳

Silicon Macのリリースは、4Dのアプリケーションのコンパイル方法に大きな影響を与えた。v19以前の4Dは、MacとWindowsで同じコードを使って、Intelアーキテクチャ向けにのみコンパイルしていました。しかし、Silicon Macは新しいアーキテクチャを使用しているため、4DはSilicon専用にコンパイルする必要がある。これは、クロスプラットフォームのクライアント/サーバーアプリケーションの構築に影響を与える。

Macでサーバーを構築する限り、IntelとSiliconの両方のプラットフォームでコンパイルできるので、さほど問題にはならない。しかし、Windowsでは、Silicon Mac用にコンパイルすることはできない。現在のところ、Macで両アーキテクチャ用にプロジェクトをコンパイルし、それをWindowsマシンにコピーしてからサーバを構築することを推奨しています。残念ながら、データ量の多い大きなプロジェクトでは、コピーに時間がかかることがあります。

製品 blank

4Dサーバーの動作を監視する新ツール

Deeplからの自動翻訳
4D Server のアクティビティを管理するのに役立つ多くの 機能がリリースされました。4D v18 R3は、4D管理者に4D Server活動のための別の監視ツールを提供します。指定した時間以降に実行されるすべてのオペレーションと、関連するテーブル、フィールド、クライアントに関する関連する詳細を取得するツールです。
この機能により、上記のことが可能になるだけでなく、コードの最適化、問題の特定、4Dサーバーのリソースの解放が容易になります。
製品 blank

複数の 4Dデータソースに興味がありますか?

4D v18 のエキサイティングな新機能を発表します! タイトルからすでにヒントがあるかもしれませんね。

この機能は、クライアント/サーバーの新しい可能性を開きます。4D v18 のアプリケーションは、永続的なネットワーク接続を必要とするカレントデータベースに限定されるのではなく、4D Server 上に公開された別のリモート4Dデータベースからデータを取得することができます!

この機能により、選択肢が大きく広がります。たとえば、基本的にオフラインで動作するようにアプリケーションを構成し、リモートデータにアクセスできるときだけローカルデータを同期させることができます。あるいは、複数のサーバーでデータを公開し、必要に応じて切り替えることもできます。また、データモデルを異なるデータベースに分散させるという方法もあります (ローカルデータ、海外データなど)。異なる場所にデータを分散させながら、 1つの 4Dクライアントコード (プロジェクトメソッドやフォームオブジェクト) でアクセス可能にするのはどうでしょうか。このブログ記事では、これらのシナリオを実現する方法を紹介します。

ヒント blank

4Dコードによる管理者ダイアログのカスタマイズ

Deeplからの自動翻訳

4D Server の管理画面について、情報を削除したい、カスタマイズした情報を追加したいといった要望があります。このAdminWindowコンポーネントは、まさにそのための方法を示しています。このAdminWindowコンポーネントは、そのまま使用することもできますし、お客様のニーズに合わせて変更することもできます。

製品 blank

アプリケーションデプロイメントのための新アーキテクチャ

Deeplからの自動翻訳

今日、マージされたアプリケーションは、アプリケーションパッケージとコンパイルされたファイル(.4DC)に多くの情報を保存します。アプリケーションパッケージに情報を保存すると、読み取り専用のアプリケーションを作成できなくなるだけでなく、アプリケーションを更新したときに情報が失われてしまうという、もう1つの厄介な結果が生じます。