著者名: Marie-Sophie Landrieu-Yvert

Avatar
- プロダクトオーナー - Marie-Sophie Landrieu-Yvertは、2017年にプロダクトオーナーとして4Dプロダクトチームに参加しました。プロダクトオーナーとして、彼女はユーザーストーリー(ユーザーが期待する新機能とその使用法)を書き、それを具体的な機能仕様に変換する役割を担っています。また彼女の役割は、実装された機能が顧客のニーズを満たしているかどうかを確認することでもあります。彼女は1995年にESIGELEC Engineering Schoolを卒業し、IBMでエンジニアとしてのキャリアをスタートさせました。様々なプロジェクト(保守や新規のプロジェクト)に参加し、Cobolのデベロッパーとして働きました。その後、UMLデザイナーおよびJavaデベロッパーとして勤務。最近は、機能要件の分析・記述、ビジネスチームと開発チームの調整などを主に担当しています。
製品 blank

4Dは、記録の削除に関して、選択した記録の一貫性を保ちます。

Deeplからの自動翻訳

データの削除には注意が必要である。問題を防ぐために、トランザクションを使用したり、バックアップやログに頼ったりすることができます。

4D 20 R4では、レコードの選択を安定させ、この選択におけるレコードの削除の可能性に関して一貫性を持たせるために、いくつかの改善がなされました。

あなたの4Dコードがどのように安全なものになるのか、ぜひご覧ください。

製品 blank

Qodly Studio: 3つのデモ

以前のブログ記事 で、Qodly Studio (現在はデベロッパープレビュー版) がシルバー以上のパートナーの皆様にご利用いただけることをお知らせしました。また、このツールを使い始めるための最初のステップもご紹介しました。

今こそデモを実行し、Qodly Studio を試してみる絶好の機会です!

私たちは、新しい機能を発見するための HDI (How Do I?) 例題を長年提供してきました。しかし、Web開発の新時代に突入するにあたり、これらのデモを表す新しい名前を思いつきました: PIQSPlay In Qodly Studio (Qodly Studio で遊ぼう) の略です。

Qodly Studio を実際に触って遊び、使いこなすためのサンプルが、すでに実装されている機能について、そして今後追加される機能について、随時提供されていきます。

さぁ、さっそく袖をまくって探索を始めましょう!

製品 blank

4Dコードのエラー管理を強化

v20R2 から、4Dコードで エラーをスロー できるようになりました。

これらのエラーは、他の 4Dエラーと同じように動作します: エラーダイアログをトリガーするか、ON ERR CALL メソッドで処理できます。

この機能により、発生した例外を積極的に検出することで、コードの品質を向上させることができます。また、エラーログも改善することができます。

重要なのは、この機能が強固なエラー管理を実現するための第一歩であることです。

では、詳細を掘り下げていきましょう!

製品 blank

ORDA – 初心者から上級者まで

ORDA とは Object Relational Data Access の略で、オブジェクト指向プログラミングとリレーショナルデータベースの利点を組み合わせたデータアクセス方法で、開発者はデータアクセスの管理よりもビジネス問題の解決に集中することができます。

ORDAを初めて使う人も、すでに使いこなして知識を増やしたい人も、このブログ記事を学習プロセスの道しるべとして考えてみてください。

このブログ記事には以下の内容が含まれています。

さて、本題に入りましょう。

製品 blank

完全な権限システムでデータアクセスをフィルタリングする

データへのアクセスをフィルタリングすることは、アプリケーションへの悪意あるアクセスを防止するために必須の機能です。

これまでは、データクラス全体またはその属性の一部を RESTリソースとして公開したり公開しなかったりすることができました。これもデータアクセスを制限する便利な手段でしたが、4D v19 R8 では、不正なユーザーからデータを保護するための、強力で完全にカスタマイズ可能なシステムを提供できることを嬉しく思います。データを保護するシステムは、誰がどのデータにアクセスするかに基づいて機能します。

ヒント blank

ORDA – RESTリクエストの最適化ステップバイステップ (+ A demo)

Deeplからの自動翻訳

ORDA/RESTのパフォーマンスは戦略的な問題です。そのため、クライアント/サーバーやリモートデータストアを使用する際のORDA/RESTリクエストの最適化など、このトピックに関連する多くの機能を出荷しています。最近では、ORDA/RESTリクエストの最適化を 完全に制御できるようになりました。

このブログ記事では、ORDA/RESTパフォーマンスゲームのエースとなるために従うべき計画を提供します。このブログポストには、読むべき他のブログ記事、見るべきビデオ、そしてあなたのアプリケーションのパフォーマンスを 迅速かつ容易に 向上させるためのデモが含まれています。

製品 blank

ORDA – RESTリクエストの管理によるパフォーマンスの最適化

これまでのバージョンで、リモートデータストアやクライアント/サーバー構成で作業する際のパフォーマンスを向上させるため、ORDA RESTリクエストが自動的に最適化されることを知りました。

また、ORDA RESTリクエストの自動最適化を利用するために、コンテキストを使用できることも学びました。

これは重要なステップでしたが、今度は RESTリクエストの動作を完全に制御することを提案します。パフォーマンスは戦略的な問題なので、この新機能をぜひ活用してください!

それだけではありません。問題を理解しデバッグするのに役立つ新しいツールも利用できるようになりました。

詳細については、引き続きこのブログ記事をお読みください。

製品 blank

ORDA選択した2つのエンティティの徹底比較

Deeplからの自動翻訳

ORDAでは複数のエンティティセレクションを同時に扱うことができるため、プロジェクトメソッドやORDAデータモデルクラスの関数にパラメータとしてエンティティセレクションを渡すことで、これを利用することができると思います。

オブジェクト指向プログラミングで、できるだけ少ないコード行数で効率的に作業するためには、堅牢で最適化された関数が必要です。そのため、4D v19 R3では、entitySelectionオブジェクトで利用できる新しい関数 selected()関数です。

そのおかげで、2つのエンティティセレクションを検査したり比較したりすることができます。それでは、詳細をご覧ください。

製品 blank

cookie の新しい SameSite属性 と Secure属性

Cookie の機能は長年にわたって成長し、進化してきましたが、いくつかのレガシー問題を残しています。これに対処するため、ブラウザー (Safari、Chrome、Firefox、Edge を含む) は、SameSite属性と Secure属性に関する動作を、cookie の secure-by-default モデルのために変更しています。

4D Webデベロッパーとして、クロスサイトリクエストフォージェリ からアプリケーションを守りたい場合、4D Webセッションの セッションcookie について懸念されるかもしれません。

Webセッションcookie が Web上で無意味に流通したり、適用されたデフォルト値のためにブラウザーに誤解されたりするのを防ぐためには、cookie の種別を確認すべきです:

  • サードパーティーcookie: 訪問したページとは異なるドメイン名に関連付けられた cookie。サードパーティーcookie は、ページをホストしているドメイン以外のドメインから供給されたページオブジェクト (広告など) によって設定されます。

 

または

  • ファーストパーティーcookie: 訪問したページのドメインに関連づけられた cookie。

 

ケースに応じて、Webセッションcookie の SameSite 属性に適切な値 を選択する必要があります。

セキュリティを強化するためには、接続がセキュア (HTTPS) であるときに Webセッションcookie に Secure属性を設定し、cookie が安全に送信できることをブラウザーに示す必要があります。

Web上のプライバシーとセキュリティを向上させるために、4D がどのように役立つかを続けて説明します。