著者名: Damien Fuzeau

Avatar
- プロダクトオーナー - Damien Fuzeauは、2019年2月に4D Productチームに参加しました。プロダクトオーナーとして、ユーザーストーリー(ユーザーが期待する新機能とその使用法)を書き、それを具体的な機能仕様に変換することを担当しています。また、実装された機能が顧客のニーズを満たしているかどうかを確認することも彼の役割です。ナント大学のソフトウェア工学科を卒業。前職の会社では最初は開発者として(1997年に4Dを発見)、後にエンジニアリングマネージャーとソフトウェアアーキテクトとして、23年以上勤務しました。この会社は、4DのOEMパートナーであり、現在は数千のユーザーと数百のサーバーに向けて4Dベースのビジネスソフトを展開しています。ですから、Damienは、多言語環境での4D開発・導入に慣れています。
製品 blank

VS Code用 4D-Analyzer 拡張機能で Tool4D を自動ダウンロード

Visual Studio Code の 4D-Analyzer エクステンションに、便利な新機能が追加されました!

この機能は、VS Code での 4D開発を開始、強化するプロセスを合理化することを目的としています。

これまで、VS Code用の 4D-Analyzer 拡張機能は、バックグラウンドで動作している 4Dアプリケーションが必要でした (4D、4D Server、または tool4d)。このセットアップにより、拡張機能は 4D LSP (Language Server Protocol) サーバーと通信することができました。
しかし、拡張機能のバージョン 0.2.0 のリリースにより、この要件はなくなりました。

製品 blank

バージョン管理システムにおけるカタログ管理の改善

Deeplからの自動翻訳

皆様からの貴重なご意見にお応えして、4Dプロジェクト・アーキテクチャを大幅に改善しました。

従来、カタログファイルには、テーブル、フィールド、リレーションに適用される色や位置などのグラフィカルな情報を含む、プロジェクト構造に関するすべての情報が含まれていました。現在では、これらの詳細は別のファイルに便利に保存することができ、プルリクエストのレビューやバージョン管理システムでのマージ競合の管理作業を簡素化することができます。

この機能強化の詳細を掘り下げてみましょう。

製品 blank

コードライブチェッカー導入: 4D開発におけるコード品質を向上

4D 20 R4 では、コンパイル、シンタックスチェック、そしてコードエディターでの入力時に使用される、コードライブチェッカーというアルゴリズムを導入しました。このブログ記事では、この機能の特性がどのように 4Dデベロッパーにとって便利なのかを紹介します。

製品 blank

エラー処理の新しい方法

最近、新しい throw()コマンドを使った新しいエラー処理メカニズムが導入されました。
これは、エラーを生成するコードに可能な限り近い場所に配置された、新しいエラー処理システムへの第一歩となりました。
4D 20 R4 では、式実行中のエラーをインターセプトできるように機能を拡張します。
その詳細を見ていきましょう。

製品 blank

合理化されたメソッドの引数宣言

効率的なコーディング・プラクティスを追求するため、4D デベロッパーは一般的にコンパイルパスの設定をおこない、シンタックスや型チェックを強化することで、コンパイルモードでのコード実行時のエラーを最小限に抑えています。そこで、 #DECLARE メソッドプロトタイプを使用することで、どのように時間の節約に繋がり、コードの安全性が向上するかを見てみましょう。

製品 blank

ストラクチャー定義の HTMLへの書き出し

同僚、ユーザー、顧客とのストラクチャー定義の共有は、HTML形式によって簡素化されます。

4D のストラクチャー定義は XML+XSL で表されます。ブラウザーはこれを HTML としてレンダリングし、人間にとっての読みやすさを実現しながら、コンピュータによるコンテンツ解析を容易にします。

しかし、最近のブラウザーの制限により、ローカルファイルで特定の外部リソースを使用することが、Web 上のソースでない限りできません。この問題を解決するために、4D はこの書き出しを HTML+CSSフォーマットで再構築し、以前のように XML として書き出すか、直接 HTML として書き出すかを選択できるようにしました。