著者名: Vanessa Talbot

Vanessa Talbot
- プロダクトオーナー - Vanessa Talbotは、2014年6月に4Dプログラムチームに参加しました。プロダクトオーナーとして、彼女はユーザーストーリー(ユーザーが期待する新機能とその使用法)を書き、それを具体的な機能仕様に変換する役割を担っています。また彼女の役割は、実装された機能が顧客のニーズを満たしているかどうかを確認することでもあります。入社以来、4Dにおける主要機能の定義に関わってきました。プリエンプティブ/マルチスレッドの新機能の大部分と、非常に複雑なテーマである組み込みアプリケーションの新アーキテクチャに取り組んできました。VanessaはTelecom Saint-Etienneで学位を取得後、Criminal Research Institute でオーディオビジュアル部門の開発者としてキャリアをスタートさせました。また、メディアや医療の分野でも、技術サポートやプロダクションの分野で働いてきました。
製品 blank

新しいウィンドウタイプでアプリの外観をカスタマイズ

4D 20 R5 では、 2つのウィンドウタイプが追加されました。新たに提供される、タイトルバーのないフレキシブルなモーダルまたは非モーダルのウィンドウは、アプリケーションのカスタマイズ性に新たな可能性をもたらします。これにより、アプリケーションの外観を完全に自由にカスタマイズできるので、仕様に正確に沿うよう、または好みどおりにタイトルバーを設計し、カスタマイズされた検索ボックスなどの機能をシームレスに統合することができます。

それだけではありません! 開発プロセスを合理化するために設計されたいくつかの新しいコマンドも導入しました:

  • ウィンドウを最小化するコマンド
  • ウィンドウが最小化されているかどうかを確認するためのコマンド
  • ウィンドウが最大化されているかどうかを確認するためのコマンド
製品 blank

クライアント/サーバー接続とストアドプロシージャーに対応した新しい 4Dリモートセッションオブジェクト

4Dアプリケーションでは、4種類のセッションが存在します。4Dリモートセッション、ストアドプロシージャーセッション、モバイルセッションWebセッションです。

Sessionコマンドはいままで、Web または モバイルセッションを返しました。これにより、セッションに関する豊富な情報と、セッション内のすべてのプロセスで共有されるオブジェクトにアクセスできます。

4D 20 R5 では、Sessionコマンドの対象がクライアント/サーバー接続とストアドプロシージャーに拡張されました。

ヒント blank

4Dで継続的インテグレーションを導入する方法: ステップ・バイ・ステップ

ソフトウェア開発の世界では近年、”継続的インテグレーション” という新しい概念が登場しました。それについて、私たちがあちこちで見聞きする定義は、次のようなものです:

“CI とは、アプリケーションのコンパイル・テスト・リリースを自動化し、定期的かつ頻繁におこなうプロセスである”

興味深く有望なプロセスであることは理解できますが、4D に実装するためには何をすればいいのでしょうか? インターネットを検索すれば、多くの CIツールやフレームワークが見つりますが、これらの CIツールを使うには、いくつかの前提条件があります。

(最後に日本語の解説動画へのリンクもありますので、お見逃しなく!)

製品 blank

Qodly Studio for 4D: 4D 20 R4の新機能

Qodly Studio for 4Dは、最小限のコーディング作業で Webアプリケーションを作成するための直感的なソリューションを提供します。

4D Server とのシームレスな統合により、デスクトップアプリケーション用に開発された既存のビジネスロジックを簡単に流用することができます。

Qodly Studio for 4D 20 R4 の最新の 4Dリリースの新機能に興味がありますか?Webアプリケーションのためのクールな新機能をご紹介しましょう。

    製品 blank

    Build4Dツールでクライアント/サーバーアプリケーションを作成する

    Build4Dコンポーネントの最新版が GitHub で公開されました。以前のブログでは、コンパイル済みのプロジェクトやコンポーネント、そしてスタンドアロンアプリケーションの可能性について説明しました。

    今回は、クライアント/サーバーアプリケーション用のスクリプトを作成し、継続的インテグレーション・ツールと簡単に統合できるようになりました。

    その方法を紹介します。

    製品 blank

    データエクスプローラーで作成・更新・削除する

    データエクスプローラーは、データを表示するための強力なツールです。その機能により、管理者はデータの一貫性を簡単に確保することができます。同時にデベロッパーも、専用フォームを新たに用意しなくても、データの作成・更新・削除用のコードを検証することができます。

    そして 4D 20 R4 では、ユーザーもデータを表示するだけでなく、データエクスプローラーのインターフェース内で直接データを修正することができるようになりました。そうです、データエクスプローラーのインターフェースで直接、データの追加・修正・削除ができるのです!

    ヒント blank

    サブフォームを簡単に扱うためのクラス

    4D フォーラムで、フォームの前景にメッセージ、砂時計、またはいくつかのインターフェース要素を表示し、背景をぼかすことについてのリクエスト、ヒント、または質問がいくつかありました。サブフォームや CALL FORM を使えば、そのようなインターフェースを作ることができます。複数ページのフォームを扱う場合、コードが複雑になることがあります。

    そこで、複数ページのフォームに表示されるサブフォームの管理を簡単にするクラスを Vincent De Lachaux が用意いたしました。このクラスは、サブフォームを読み込んだり、ワーカーから制御したり、メインフォームのサイズが変更された場合にサブフォームの位置を変更したりします。このような仕組みを気にすることなく、ダイアログに集中することができます。

    製品 blank

    ジャーナル管理の強化

    4D v20 R3 では、より良いジャーナル管理を可能にする新機能が導入されました。この機能は “ログを使用” 設定に関するもので、他のバックアップ・パラメーターと同様にオーバーライドできるようになりました。

    このブログ記事では、なぜこれが便利なのかを説明し、その使い方を紹介します。

    製品 blank

    複数コレクションの同期ソート

    4D には、オブジェクトのコレクションを扱うための強力な機能があります。

    たとえば、都市とそれに関連する国や大陸のコレクションを作成することができます。このようなコレクションを、.sort()、.order()、.filter() のようなビルトイン関数で操作するのは簡単です。

    4D v20 R3 では、並べ替え処理を簡素化するために、新しい multiSort() 関数が導入されました。この関数を使うことで、複数コレクションの同期ソートが可能です

    製品 blank

    4D Write Pro – データソース付き表組みの作成ウィザード

    ここ最近のリリースで、4D Write Pro には多くの表組み関連の機能が追加されました。コンテキスト、データソース、フォーミュラを使って、データベースのデータに基づいた表組みを簡単に作成することができます。

    これはとても簡単なので、エンドユーザーにこの機能をそのまま使ってもらいたいと思う方も多いでしょう。しかし、データソースやフォーミュラの扱いに詳しくないユーザーにとっては、ときに難しいことであるのも理解しています。4D v20 R2 では、これに対するソリューションとして開発された新しい表ウィザードを提供しています。

    このウィザードは、エンドユーザーが利用できます。エンドユーザーは、開発者が提供する、用途や業務に合わせたテンプレートを利用することができます。テンプレートの設定には以下が含まれます:

    • データクラスとデータクラス属性の定義、
    • データクラス、データクラス属性、およびフォーミュラの翻訳名の設定、
    • 業務に適合したフォーミュラの準備、
    • グラフィックスタイルのデザイン。

     

    HDI のサンプルデータベースと、デモビデオもぜひご覧ください。