製品

macOSのDark Modeサポートが登場。

Deeplからの自動翻訳

ダークモードは素晴らしく、エキサイティングなユーザーエクスペリエンスを生み出します。そのため、4D v19から、4DはDark Modeに対応し、macOSレベルでDark Modeがオンになっていれば、自動的に起動するようになりました。

これは始まりに過ぎず、将来のバージョンでは、すべてのコンポーネント(例:4D Write Proウィジェット)のDark Modeサポートやデザインモードなど、さらに多くの機能が追加される予定です。

ダークモードが4Dエレメントの見た目をどのように変えるか見てみたいですか?読み進めてください。

製品 blank

4D View Proが6ヶ国語に対応しました

Deeplからの自動翻訳

4D View Proのスプレッドシートを母国語で表示することが、あなたとあなたの顧客の両方にとっていかに重要であるか、私たちは知っています。そのため、4D v18 R5では、5つの言語がサポートされるようになりました!英語に加えてフランス語ドイツ語スペイン語日本語、そしてポルトガル語のサポートが追加されました!

製品 blank

タイプ・アワードを簡単に

Deeplからの自動翻訳

ユーザーインターフェイスに興味のある方なら、On before keystrokeOn after keystroke イベントをすでに使っているかもしれませんね。4D v18 R5 では、これらのイベントのハンドリングが大幅に強化されましたので、きっとご満足いただけることでしょう。さらに、On before keystroke イベントが発生したときに、進行中の入力があるかどうかを判断する新しいコマンドも作成されました。それでは、詳細をご覧ください。

製品 blank

フォームエディターで直接CSSをプレビューできます。

Deeplからの自動翻訳

4D v18 R5では、ダイアログを実行せずに、フォームエディタで最終的なCSSレンダリングをプレビューすることができます。そうです、その通りです。フォームの標準化と復活が、これまで以上に簡単になりました。

4DのCSSについてまだご存知でない方は、今が学ぶ絶好の機会です!4D v18でプロジェクトアプリケーション用に導入されたこのコンセプトには、CSSをベースにした強化されたクイックスタイルシートが含まれています。このブログ記事を見てみることをお勧めします。

製品 blank

表示する4Dライトプロインターフェイスのページを選択します。

Deeplからの自動翻訳

2つの4D Write Pro Interfaceウィジェットは、リリースのたびに、より多くの能力と機能で強化され続けています。アプリケーションによっては、すべてのウィジェットのページが有用であるとは限りません。例えば、4D Write Proを使用して電子メールをフォーマットする場合、インターフェースを簡素化し、ユーザーの作業を容易にするために、いくつかのページだけを表示したいものです。

4D v18 R5では、必要なページのみを表示させることができます。その方法については、引き続きお読みください

製品 blank

4D Write Proのインターフェースウィジェット。インポートとエクスポート

Deeplからの自動翻訳

4D Write Proウィジェットで異なるフォーマットのドキュメントをインポート、エクスポートする方法を求めていましたが、4Dは再び耳を傾けました!

4D v17 R4で.docxフォーマット、4D v18 R4でPDFフォーマットのエクスポートなど、すでに異なるフォーマットのドキュメントをインポート、エクスポートできる4Dコマンドに加え、4D Write Proは、ツールバーとウィジェットから異なるドキュメントフォーマットのインポートとエクスポートができるようになりました。4D Write Proは、ツールバーとサイドバーからウィジェットを介して異なるドキュメントフォーマットをインポートおよびエクスポートすることができるようになりました。

製品 blank

デフォルトでプロジェクト、オンデマンドでバイナリー

4D v17 R5 で プロジェクトモード が導入されました。4Dアプリケーションの大きな進化を表すアーキテクチャーであるプロジェクトは、4D の世界にソースコントロールツール、共同プログラミング、コード共有、モジュール性など、多くのものをもたらしました。4D v18 R4 では、より良く (そしてシンプルに) するために、デフォルトで新しいプロジェクトを作成します。一方、開発者が選択した場合は、簡単な設定でバイナリーデータベースを作成し続けることができます。

製品 blank

オートフォントのフォントサイズを定義する

Deeplからの自動翻訳

以前のR-releaseで、フォントとフォントサイズを定義するための2つの新しい自動テーマを追加しましたので、各プラットフォームのガイドラインを尊重した3つの自動テーマが自由に使えるようになりました。インターフェイスをデザインするには、各フォーム・オブジェクトでOSが推奨するフォントとサイズを使用する自動テーマが推奨される方法です。

場合によっては、もっとコントロールが必要で、ガイドラインを無視する正当な理由があるかもしれません。4D v18 R3では、自動テーマのサイズをオーバーライドして、テキストの表示方法をよりコントロールすることができます。

製品 blank

4D Write Pro:テーブル、行、セルに対する新しい標準アクション

Deeplからの自動翻訳
4D v18 R3では、4D Write Proに新しい標準アクションが追加されました。これらは、表とその要素(つまり、行とセル)を対象としています。これらのアクションは、表のボーダー、セルの背景色、行のテキストの垂直方向の配置、文書内の表自体の配置などを定義することができます。標準的なアクションはすべて、シンプルなボタン、ドロップダウンリスト、メニュー、または数行のコードでアクセスできます。もっと知りたい?メニューはユーザーの言語に合わせて自動的に調整されます。さらに、テーブル、ボタン、リスト、メニューは、ユーザーの現在の選択に応じて自動的にアクティブになったり、非アクティブになったりします。これによって、開発者の時間を大幅に節約できます。

製品 blank

誰が何をしたか:ジャーナルにユーザーの別名を保存する

Deeplからの自動翻訳

コマンドのおかげで、ユーザーを特定するための新しい機能を発見したことでしょう。 SET USER ALIASコマンドのおかげで、ユーザーを特定する新しい機能を発見したことでしょう。4D v18 R2では、コマンドの動作が拡張されました。どのように?読み進めてください。