製品

開発者による開発者のための機能、コメントへのタグ付け

Deeplからの自動翻訳

開発者の生活にコメントは欠かせません。新しい機能に取り組むとき、私たちはしばしば備忘録のようなコメントを付けます。例えば

  • コードの一部を同僚と検証するために
  • 関数をリファクタリングするため。
  • パフォーマンスを低下させているコードを修正するため。
  • メソッドやクラスをセクションに分割するため。
  • クラスのスケルトンを作成し、各関数の内部にTodoコメントを追加する。

たとえ簡単なコードを書いたとしても、数カ月後、数年後に読んでみてください。まだシンプルに見えるでしょうか、それともコメントを付けておけばよかったと思うでしょうか。

4D v19 R4では、コメントをより整理するために、コメントタグを 使用することで、全く新しいレベルのコメントを提供します。

製品 blank

オブジェクトチェック構文による生産性の向上

Deeplからの自動翻訳

4D v18 R4から、クラスのオートコンプリートが利用できるようになりました。この機能により、コードを書くのが簡単になり、例えば関数名でのエラーを制限することができます。しかし、完全に回避できるわけではありません。2文字を逆にしたり、大文字を忘れたりすることは簡単で、コードが動作しない理由を探すのに時間がかかってしまいます。

そこで、4Dにクラスや関数がすでに存在するかどうかをチェックさせるより良い方法があるでしょうか?

4D v19 R4 からは、存在しない関数を呼び出すと、コードエディタに警告が表示されるようになりました。

製品 blank

クラスの異なる機能へ素早くジャンプ

Deeplからの自動翻訳

クラスは、4D v18 R3 で導入されました。これによって、ビジネスロジックを整理し、UI部分とより迅速に分離することができます。

クラスは長さの異なるいくつかの関数で構成されているので、修正したい関数を探したり、ある関数から別の関数に移動したりするのは必ずしも簡単ではありません。クラスと関数を表示するエクスプローラを使うこともできますが、エディタウィンドウでコーディングしているときは、ウィンドウを切り替える時間を無駄にしたくありません。

4D v19 R4では、クラス内の関数のリストがコードエディタのツールバーに表示され、特定の関数に簡単にジャンプすることができます。

製品 blank

開発ウィンドウ間のナビゲーションを簡素化

Deeplからの自動翻訳

新しい関数やメソッドを書くとき、あるいはフォームを作成するとき、その作業は決して直線的ではありません。通常、次のような作業が必要です。

  • エクスプローラにアクセスし、フォルダ内のフォームを見つける。
  • メソッドのドキュメントを書くためにエクスプローラーにアクセスします。
  • 4D ドキュメントウェブサイトでコマンドのドキュメントを読む
  • コンポーネントのメソッドのドキュメントを読む

この新しいバージョンでは、コードエディタとフォームエディタにいくつかのメニュー項目を追加し、プロジェクトの異なる要素間をより良くナビゲートできるようにしました。

製品 blank

コードエディタから直接オンラインドキュメントを表示

Deeplからの自動翻訳

4Dの最新バージョンでは、クラスを使ったコードの記述を簡素化するために、いくつかの改良が加えられています。

  • 型に応じた関数と属性の提案
  • プロトタイプの表示と簡単な説明

4D v19 R2では、ワンアクションで関数のオンラインドキュメントを開くことができます。

製品 blank

コードエディタ。複数のテーマから選択可能

Deeplからの自動翻訳

コードエディタの機能は、リリースごとに増えていますが、4Dv19も例外ではありません。

コードエディタ(フォント、フォントサイズ、エレメントの色など)については、開発者それぞれが特別な(時には特異な)テイストを持っています。ある開発者にとっては、見栄えが良く、生産性を高めるものでも、別の開発者にとっては、障害になることがあります。そのため、4D v19ではテーマ管理を導入しています。

もし、「自分自身のテーマを作る」ことがあなたのバケットリストにあるのなら、今がそのチェックポイントです。4D v19には、基本的なテーマが用意されており、あなた自身の好みに合わせてリッチ化することができます。

製品 blank

コードエディタ。より多くのコードをより短時間で書くことができます。

Deeplからの自動翻訳

4D 18 R4で、クラス(4Dとデータモデル)のための提案関数の利用可能性を発表しました。4D v18 R6では、エディタでのコード作成を簡素化し、容易にするために、さらなる素晴らしいニュースをお届けします。関数のプロトタイプと簡単な説明が、コードエディタに表示されます!

開発プロセスをスピードアップし、タイプミスを防ぐことができます。クラス関数に関する情報がコードエディタに表示されるようになり、より短時間でより多くのコードを書くことができるようになり、正しい方向に進んでいることを確認することができます。

もっと詳しく見てみましょう!

製品 blank

直感的なオートコンプリートを実現する新しい宣言構文

Deeplからの自動翻訳

4Dのオートコンプリート機能について不思議に思ったことはありませんか?また、なぜ4Dはコード内で使用されているすべての関数を示唆するのでしょうか?オブジェクトは非常に汎用的な型なので、4Dは実行時にしか本当に保存しているものを知りません。しかし、それはコードを書くときにはあまり役に立ちません。

4D では、変数を宣言するときに、オートコンプリートを大幅に強化する新しい構文を提供しています。

製品 blank

コードエディター。コメントブロックの導入

Deeplからの自動翻訳

メソッドの先頭にコメントブロックを追加すると、メソッドが何を行うかについてのメモや、入出力パラメータのリストを追加するのに便利です。また、複雑なコードの中に数行の読みやすいテキストがあると、自分や他の人がそのコードの特定のセクションの目的を思い出すのに便利です。4D v18 からは、コメントブロックが追加され、あなたのプログラミング体験は、さらに充実しました。

製品 blank

コードエディターの機能拡張をチェック

Deeplからの自動翻訳

4D コードエディタがより使いやすくなりました。引用符 ” ” 、括弧 ( ) 、中括弧 [ ] 、中括弧 { } 、コマンドブロック (For…End for,If … End if, etc.) の文字列補完が できるようになりました。また、ユーザーメソッドのシンタックスは、4Dコマンドのシンタックスのようにステータスバーに表示されるようになりました!