著者名: Roland Lannuzel

Roland Lannuzel
- プロダクトオーナー&4Dエキスパート -電子工学を学んだ後、産業用ITの分野で開発者兼コンサルタントとして、さまざまなデータベースやテクノロジーを使って顧客のためのソリューションを構築。80年代後半に4Dに惚れ込み、会計、請求書作成、メールシステムなどのビジネスアプリケーションの作成に4Dを使用してきました。現在も、新機能やデータベース開発ツールの定義など、4Dの未来を積極的に切り開いています。
製品 blank

ORDA – エイリアス属性

4D v19 R4 は、エイリアス という、新しい ORDA コンセプトとともにリリースされます。エイリアス属性は、計算属性 の論理的かつ補完的な延長です。

このブログでは、エイリアス属性について説明し、その利点と、そのような場合に使用するかについて述べます。

製品 blank

4D Write Pro: フォーミュラはいずこ

4D Write Pro のドキュメントに式やフォーミュラに基づく外部要素が含まれている場合、”4D式/参照を表示” モードを使用すると、それらは表示されます。しかし、値を表示すると、それらはテキストに溶け込んでしまいます。最終的には、このように見分けがつかないことが望ましいですが、ドキュメントの作成中においては、これらの計算値を簡単に判別できると便利な場合があります。4D v19 R3 では、これを可能にする新しい表示オプションが用意されています。

製品 blank

4D Write Pro ドキュメントをSVG形式で書き出す

4D Write Pro のドキュメントは、様々なフォーマットにエクスポートすることができます: PDF、プレーンテキスト、Microsoft Word、4D Write Pro、HTML…。このリストに SVG 形式が追加されました。

SVG は、画像のフォーマットです。そのおかげで、あらゆるページのプレビューを作成して、インターフェースに統合したり、ブラウザーやモバイルデバイスなどで視覚化したりすることができます。

製品 blank

クラスに計算プロパティが登場!

4D の開発環境にクラスが登場したことで、プログラミングがよりモダンに、より簡単にスケールできるようになりました。クラスにおいては、プロパティや関数の定義を可能なほか、継承をサポートします。
アプリケーションで、科学データあるいは会計データを管理するクラスを使うことがあるかもしれません。会計データを例に考えてみます。たとえば、税金を計算する関数を作成したとします。また、複数の国を管理している場合、異なるルールを管理するために継承を使用するかもしれません。そして、これらの結果をリストボックスに表示します。しかし、フォーミュラ内で使用されている属性のひとつをユーザーが変更した場合、結果を更新するにはイベントを管理する必要があります。
4D v19 R3 では、計算プロパティのおかげで、このプロセスを簡素化することができます。計算プロパティのゲッターとセッター関数を定義し、このプロパティをリストボックスに追加すると、すべてが 4D によって自動的に処理されます。UI にビジネスロジックを入れる必要はありません。

製品 blank

ORDAの計算属性によるマジックショー!

コンピューターの世界において、ユーザーやビジネスに対して柔軟かつ発展的にデータベースが適応していくことは、しばしば有益であり、場合によっては不可欠でさえあります。また、アクセス可能なデータの管理は、繰り返し問われるデリケートなテーマです。この観点から、開発者はコンテキストやユーザーのアクセス権に応じて、情報へのアクセスを与えたり制限したりするために、ときに複雑なメソッドやフォーミュラを用います。

簡単な例を挙げてみましょう。アプリケーションの中で、人物のリストを表示する必要があるとします。ある列にはフルネームを表示しますが、データベースには姓のフィールドと名のフィールドがあります。現在はリストボックス列にフォーミュラを書き、ソートも別途管理しています。もし、計算用のフォーミュラとソートの方法を定義できる計算フィールドがあって、ビジネスロジックを各インターフェースではなく、クラス内に持つことができれば、素晴らしいと思いませんか?

4D v19 R3 から、4D はこの問題に解決策を提供しています: 計算属性です!

製品 blank

4D Write Pro – 継続セクションブレーク

4D v19 R3 より、4D Write Pro は、継続セクションブレークをサポートします。

継続セクションブレークは、それ新しいセクションを作成しますが、改ページは発生させません。
これにより、同じページ上に異なる段組のセクションを配置することなどが可能になります。

製品 blank

4D Write Pro – 新しいピクチャーフォーマット

4D v19 R2 より、4D Write Pro ドキュメント内のインラインおよびアンカー画像に、新しいフォーマットタイプが適用されます。

また、ドキュメント、セクション、段落などの背景として使用される画像をフォーマットするのがより簡単になりました。

これらの機能の強化について、詳しく説明します。

製品 blank

4D Write Pro – 検索と置換

Deeplからの自動翻訳

4D Write Proは、長年にわたり、テンプレートを使用したプログラミング、または単にゼロから新しいドキュメントを作成することによって、シンプルまたは複雑なドキュメントを作成することを可能にしてきました。4D v19からは、開発者とエンドユーザーの両方が、4D Write Proの新しい検索(および置換)機能を使用することができます。インターフェイスだけでなく、コードも使用します。

それでは、詳細をご覧ください。

製品 blank

docx形式から4D Write Proへ!

Deeplからの自動翻訳

数ヶ月前、4DライトプロからMicrosoft Word.docxフォーマットへのエクスポート機能を発表させていただきました。今、私たちは、その逆の操作も可能であることを発表することに興奮しています!

4D v19から、.docxドキュメントを4D Write Proにインポートすることができるようになりました。詳しく見ていきましょう。

製品 blank

4D Write Pro:すべてのブレークを簡単に見つけることができます

Deeplからの自動翻訳

4D Write Proの文書は、5種類の改行に対応しています。

  • 改行
  • 段落区切り
  • ページ区切り
  • セクションブレーク
  • 列の区切り

時には、ある特定のタイプの区切りを見つけて別のものに置き換えたり、ドキュメントにあるその区切りをすべて削除したりする必要があります。これを可能にするために、私たちは新しい機能を開発しました。 WP Get breaks.