著者名: Roland Lannuzel

Roland Lannuzel
- プロダクトオーナー&4Dエキスパート -電子工学を学んだ後、産業用ITの分野で開発者兼コンサルタントとして、さまざまなデータベースやテクノロジーを使って顧客のためのソリューションを構築。80年代後半に4Dに惚れ込み、会計、請求書作成、メールシステムなどのビジネスアプリケーションの作成に4Dを使用してきました。現在も、新機能やデータベース開発ツールの定義など、4Dの未来を積極的に切り開いています。
製品 blank

4D Write Proのドキュメントを入力フォームとして使用する

Deeplからの自動翻訳

ユーザーが誤って特定の4D Write Proドキュメントを変更することを避けたいですか(完全または部分的に)?ドキュメントの一部を変更しないようにしたいですか(例えば、秘密保持契約書のフィールドを埋める能力をユーザーに与えながら、ドキュメント内の情報が一切変更されないようにしたい)?もし、あなたが首をかしげるのであれば、読み続けてください。4D v18 R3では、ドキュメントの一部を 保護することができます。「編集不可“です。

製品 blank

4D Write Pro:テーブル、行、セルに対する新しい標準アクション

Deeplからの自動翻訳
4D v18 R3では、4D Write Proに新しい標準アクションが追加されました。これらは、表とその要素(つまり、行とセル)を対象としています。これらのアクションは、表のボーダー、セルの背景色、行のテキストの垂直方向の配置、文書内の表自体の配置などを定義することができます。標準的なアクションはすべて、シンプルなボタン、ドロップダウンリスト、メニュー、または数行のコードでアクセスできます。もっと知りたい?メニューはユーザーの言語に合わせて自動的に調整されます。さらに、テーブル、ボタン、リスト、メニューは、ユーザーの現在の選択に応じて自動的にアクティブになったり、非アクティブになったりします。これによって、開発者の時間を大幅に節約できます。

製品 blank

4D Write Proと計算式

Deeplからの自動翻訳

4D v18 R2では、4D Write Proは、ドキュメント内の数式オブジェクトを管理できるようになりました。そのために、4つの新しいコマンドが作成されました。WP Get formulas WP Insert formulaWP Compute formulas,WP Freeze formulas 。これらはすべて、ドキュメント、ボディ、ヘッダーなど、直感的なターゲットで使用することができます。また、コマンド名から推測されるように、数式はもはやテキスト表現ではなく、強力な数式オブジェクトなのです

製品 blank

4D Write Proのドキュメント:便利な新パラメーター

Deeplからの自動翻訳

4D Write Pro は、最もシンプルなものから最も洗練されたものまで、あらゆる種類のドキュメントを作成できるように設計されています。この多様性を実現するために、文書には段落、セクション、ヘッダー、フッターなどの明確なパーツを保持することができます。4D Write Proは、これらのパーツをすべて読み取ることができるように動作します。しかし、時には内容に応じてサイズを変更しなければならないパーツもあります。これは、ヘッダーやフッターの高さが自動的に変更されるような場合に典型的なケースです。この機能は一般的に非常に便利ですが、ヘッダーとフッターの高さを一定の値に設定した方が実用的な場合もあります(たとえ、その内容が切り捨てられ、完全に見えなくなる可能性があるとしても)。

未分類
製品
blank

オンリサイズ… オンリサイズ… オンリサイズ… オンリサイズ…

Deeplからの自動翻訳

美しくダイナミックなユーザーインターフェースを作成するにはどうしたらよいか、悩んでいませんか?通常、フォームのサイズが変更されると、水平サイズや 垂直サイズのプロパティが移動または拡大に設定されているフォームオブジェクトは、自動的にサイズが変更されます。場合によっては(例えば、より細かいユーザーインターフェースの管理)、開発者はフォームオブジェクトのサイズと位置をプログラミングで管理することを選択します。そのためには、フォームメソッド内で発生する “on resized” イベントをチェックします。しかし、フォームに一つ以上のサブフォームが含まれている場合はどうなるのでしょうか?何階層にもわたって?このブログの記事がその答えを教えてくれます。

製品 blank

プロジェクトデータベースでの4Dライブラリの利用

Deeplからの自動翻訳

4Dでは、アプリケーションの開発を支援するためのライブラリを提供しています。そのうちの1つは標準ライブラリで、あらかじめ設定されたフォームオブジェクトやウィジェットが含まれており、他のライブラリはカスタムライブラリとなっています。標準ライブラリは、”読み取り専用 “で、プロジェクト・データベースを開発する際に、その動作は変わりません(ただし、細かい、化粧品のようなインターフェースの違いは除きます)。また、独自のカスタムライブラリを作成して、独自のフォームオブジェクトやオブジェクト群を保存することも可能です。この場合、さらに強力なものにするために、いくつかの変更が加えられています。以下は、これらの変更点について知っておく必要があるすべてです。

製品 blank

4D Write Pro – 行と列の挿入と削除

Deeplからの自動翻訳

4D Write Proで表を作成し、行を追加することができることはすでにご存知でしょう。4D v18では、さらにスリリングなニュースがあります!行と列の挿入と 削除が可能なだけでなく、とても簡単に管理できることを発表できることに興奮しています。この機能は、4つの新しいコマンドを使ったプログラミングと、ウィジェットやコンテクストメニューを使ったインターフェイスのどちらかで行うことができます。詳しくはこちらをご覧ください。

製品 blank

4D Write Proと表-列のサイズを簡単に変更することができます。

Deeplからの自動翻訳

4D v16 R4は、大きな機能であるテーブルを提供することで、あなたの夢を実現させました。テキストが列のサイズに合わせて自動的に折り返され、データが変わっても「壊れない」本物のテーブルです!それ以来、好きなだけ多くの行と列を持つテーブルを作成できるようになりました。さらに、表のスタイル、各行、列、セルを、列の幅も含めて定義することができるのです。これらの操作のほとんどは、プログラミングによって実現されていましたが、4D v18では、列の幅をエンドユーザーが変更できると言ったらどうでしょうか。