著者名: Roland Lannuzel

Roland Lannuzel
- プロダクトオーナー&4Dエキスパート -電子工学を学んだ後、産業用ITの分野で開発者兼コンサルタントとして、さまざまなデータベースやテクノロジーを使って顧客のためのソリューションを構築。80年代後半に4Dに惚れ込み、会計、請求書作成、メールシステムなどのビジネスアプリケーションの作成に4Dを使用してきました。現在も、新機能やデータベース開発ツールの定義など、4Dの未来を積極的に切り開いています。
製品 blank

リストボックス。時間列とフッター計算!?

Deeplからの自動翻訳

リストボックスは、インターフェイスにデータを表示するための強力なツールです。リストボックスは、レコードのフィールド、配列のアイテム、そして最近ではエンティティ選択と コレクションを表示することができます。

コレクションやエンティティセレクションを使用する新しいリストボックスは、多くの点でより強力ですが、配列やレコードを表示するリストボックスとは異なり、フッターに時間表示や自動計算を行うことができませんでした。

今後、プロジェクトモードを使用する限り、すべてのタイプのリストボックスのカラムに時間を表示することができますが、フッターに計算結果を表示することも可能です。

製品 blank

フォームオブジェクトでコレクションとリストを使用する

Deeplからの自動翻訳

4D プログラミングでは、コレクションを使用することが多くなっています。4D v19からは、Form機能を含め、いくつかのインターフェースオブジェクトのコンテンツを定義するために、これらを使用することができます。これは、一般的なインターフェイスの管理に非常に便利です。

また、リストの使用方法にも改良を加えました。詳しく見ていきましょう!

製品 blank

4D言語 – 文字列比較の改良

Deeplからの自動翻訳

4D言語には、文字列を扱うための20以上のコマンドが用意されています。そして、4D v18 R6で、4Dは新しいコマンドを導入しました。Compare strings.また、さらに別のコマンドも改良されました:Position.これらのコマンドは両方とも、より正確な結果を得るためにオプションを使用することができます。もっと学びましょう。

製品 blank

リストボックス編集したセル内のクリックを管理

Deeplからの自動翻訳

開発者であれば、フォームオブジェクトの内部でイベントを処理することに慣れていることでしょう。最も一般的なのはon clicked フォームイベントで、リストボックスを含むほとんどのオブジェクトで使用することができます。このオブジェクトでは、クリックをリストボックスのレベルまたはカラムメソッドで管理することができます。

そして、4D v18 R6 からは、on clicked フォームイベントが、セルが編集されているかどうかにかかわらず、トリガーされるようになり、コントロールが向上し、インターフェイスが改善されました。

ヒント blank

4D Write Pro – フルテキストインデックス化

Deeplからの自動翻訳

“タンゴ “について書かれた資料をすべて見つけたい!早く欲しい!できるかな?”

OK、でもまずは呼吸を整えて!

4D Write Proのドキュメント内のキーワード検索は、各ドキュメントに新しいインデックス属性を追加するだけです。なぜなら、この種の検索はあまり必要ではないので、ドキュメントのサイズを体系的に増加させることは意味がないからです。しかし、必要な時には、このタイプのインデックスは非常に簡単に構築できます。

製品 blank

4D Write Pro:小数点とカンマのどちらで数字を揃えるか?

Deeplからの自動翻訳

数字…大きい、小さい、とても大きい、とても小さい……。 大きさはともかく、読みやすいに越したことはない。多くの国や言語では、千(または万)を区切るために区切り文字が使われるのが普通で、小数点以下の数字を区別するための文字も必ず存在する。これらの数字を文書内で正しく揃えるときには、「10進タビュレータ」が使われます(これは数字の小数点以下の区切り文字に基づくものです)。

しかし、文書にさまざまな国の数字が含まれていて、数字の書式が正しくない場合はどうしたらいいのでしょうか。詳しく見ていきましょう!

製品 blank

タイプ・アワードを簡単に

Deeplからの自動翻訳

ユーザーインターフェイスに興味のある方なら、On before keystrokeOn after keystroke イベントをすでに使っているかもしれませんね。4D v18 R5 では、これらのイベントのハンドリングが大幅に強化されましたので、きっとご満足いただけることでしょう。さらに、On before keystroke イベントが発生したときに、進行中の入力があるかどうかを判断する新しいコマンドも作成されました。それでは、詳細をご覧ください。

製品 blank

リストボックス。コードで移動可能な行を設定する(しないことも可能!)。

Deeplからの自動翻訳

リストボックスは、強力なフォームオブジェクトです。簡単に作成、操作できますし、最も重要なのは、あらゆる種類のデータを扱えることです。行や列の挿入や削除から、4D言語によるプロパティの定義や変更まで、すべてをプログラミングで設定することができます。4D v18 R4では、もう1つ重要なプロパティがリストに追加されました。どれだかわかりますか?ヒント:タイトルをもう一度読んでみてください。

製品 blank

4D Write Pro – 数式を使用する際のコントロールを強化

Deeplからの自動翻訳

4D Write Proの ユーザーとして、あなたはおそらく、文書の特定の部分を自動的に埋めるために(またはより最近では数式)を使用したことがあるでしょう。これらの式は、「生の」テキストや画像を返すことができます。テキストの場合、改行が含まれることがあります。4D Write Proのドキュメントの中で処理されるとき、この改行はどのように扱われるのでしょうか?このブログは、その答えを提供します…続きを読む

製品 blank

4D Write Pro – PDFに直接書き出し!

Deeplからの自動翻訳

4D v18 R4で、プリンタドライバや追加のソフトウェアをインストールすることなく、4D Write Proドキュメントを直接PDFフォーマットにエクスポートできるとしたら、どうでしょう?そして、これだけではありません。さらに、フォームとコンテンツの両方にいくつかのオプションを設定することができます。詳しくはこちらをご覧ください。