著者名: Fabrice Mainguené

Fabrice Mainguené
- Product Owner -Fabrice Mainguenéは、2016年11月に4D Programチームに参加しました。プロダクトオーナーとして、彼はユーザーストーリーを書き、それを機能仕様に変換する役割を担っています。CNAMでコンピュータサイエンスの学士号を取得した後、FabriceはWindev開発者として小さなソフトウェア出版社に入社しました。その後、彼は産業および貿易分野のさまざまな企業で、Windev および Web 開発者として、また新機能の技術アドバイザーとして働きました。
製品 blank

4D View Pro:4D v20 R4の新機能

Deeplからの自動翻訳

リリースのたびに、4D View Proの機能リストは拡大し続けています。今回のリリースも例外ではありません:4D v20.2と4D v20 R4には、SpreadJSの新バージョンv16.2と、それに対応したリボンのアップデートが含まれています。

この最新バージョンで強化された機能を探ってみましょう。

製品 blank

4D Netkit:Gmailラベルの作成・削除・更新

Gmailラベルは、メールを分類・整理する柔軟な方法を提供し、パーソナライズされた効率的なメール管理を可能にします。ラベルを使用することで、ナビゲーションやメッセージの識別が容易になり、メール操作におけるユーザーエクスペリエンスが向上します。

4D v20 R4 では、ラベル管理に関わる機能セットが 4D NetKit に追加され、プログラミングで Gmailラベルを管理するための機能一式が揃いました。

製品 blank

Microsoft 365: メールのプロパティを更新する

皆様からのフィードバックは重要であり、この機能もまたそういったフィードバックの中の一つでした。

多くの開発者が、メールの’isRead'(既読)フラグを更新するコマンドを期待されていました。4D v20 R3 以降、この要望の多かった機能が4D Netkit に取り入れられました。新しいOffice365.mail.update()’関数を使えば、受信済みメールや下書きメールの様々なプロパティを簡単に更新できるようになりました。

詳細は続きをご覧ください。

製品 blank

4D View Pro:Blob形式のドキュメントのインポート/エクスポート

大きくて、かつ複雑な4D View Proドキュメントを扱う皆様にとって、パフォーマンスが懸念されるということは理解しています。4D v20 R3において、.sjsフォーマットと同等のパフォーマンスで圧縮されたドキュメントをデータベースに保存できる、新しいBlobフォーマットを提供が開始されました。

製品 blank

可変長引数関数の書き方への新しいアプローチ

多くの方は、不定数の引数を受け取ることができるメソッドや関数を使用することに慣れていることでしょう。こういった関数は一般的に可変長引数関数または可変長関数などと呼ばれます。

4D v20 R3 では、皆さんの開発のしやすさを向上させるために、エリプシス(省略記号)を導入することで、これらのメソッドの宣言を合理化し、コードをよりわかりやすく、作業しやすくしました。

製品 blank

WebSocketクライアントヘッダーにカスタムデータを入れる

WebSocketクライアントヘッダーをカスタマイズすることで、WebSocket接続確立プロセスに特定の情報、設定、または要件を含めることができます。

4D v20 R3 以降、WebSocketクライアントヘッダーを介して、セキュリティ情報、アプリケーション固有のデータ、サーバー接続に関連するその他のデータを送信することができます。

製品 blank

4D Netkit: Gmail からラベルや Eメールを取得

Gmail API の 4D Netkit への統合を進めるなかで、メールをシームレスに管理するための包括的なコマンドのセットが提供できるようになりました。

4D v20 R3 では、ラベルのリストを簡単に取得し、メールを取得し、効率的に削除できる新しいコマンドを紹介します。

詳しく見ていきましょう!

製品 blank

新しい 4D View Proフォーマットファイル: sjs

より大きく、より複雑な 4D View Pro ファイルを扱う皆様にとって、パフォーマンス上の懸念が生じることを理解しています。この問題に取り組むために、私たちは .sjs という新しいファイル形式を導入しました。.sjsフォーマットは、複数の小さな JSONファイルが圧縮されたファイルで、Excel XML に似た構造になっています。この新しい形式は、パフォーマンスを向上させ、これらのファイルの取り扱いを最適化することを目的としています。