著者名: Fabrice Mainguené

Fabrice Mainguené
- Product Owner -Fabrice Mainguenéは、2016年11月に4D Programチームに参加しました。プロダクトオーナーとして、彼はユーザーストーリーを書き、それを機能仕様に変換する役割を担っています。CNAMでコンピュータサイエンスの学士号を取得した後、FabriceはWindev開発者として小さなソフトウェア出版社に入社しました。その後、彼は産業および貿易分野のさまざまな企業で、Windev および Web 開発者として、また新機能の技術アドバイザーとして働きました。
製品 blank

4D Netkit: 証明書を使用した OAuth2.0 認証

Microsoft Identity Platform のようないくつかの OAuth 2.0 サーバーは、クライアントシークレットの代わりに証明書を使用する認証オプションを提供しています。このアプローチを使用することで、プロトコル内のセキュリティと認証メカニズムが強化されます。4Dのバージョン 20 R5 以降、Netkit には OAuth 2.0 の証明書ベースの接続管理が組み込まれています。

製品 blank

4D View Pro: カスタムファンクションの強化

時には、対象となるセルの数がわからないまま、列や行のコンテンツに基づいた特殊な計算が必要になることがあります。

4D 20 R5 では、スプレッドシートのカスタムファンクションに “A1:C10” のような複数セルのレンジを渡したり、”OBJECT(“Firstname”,B2, “Lastname”,C2)” のようなオブジェクトを渡したりして、それらのセルのコンテンツを格納したコレクションやオブジェクトを 4Dメソッドで取得できるようになりました。

製品 blank

クラスのプロパティ宣言と代入を1行で行う

4D 20 R5では、合理化されたプロパティ宣言により、変数代入のように、宣言と同時にプロパティを初期化できるようになりました。

この改善により、開発者はプロパティの宣言と初期化を1行で行えるようになり、コードの可読性が向上するとともにより効率化することができるようになりました。またこれにより、よりスムーズな統合が容易となり、初期化ブロックを個別に作成しなくてもよくなります。開発ワークフローが最適化され、インタープリターでもコンパイルモードでもコードの堅牢性が確保されるため、よりクリーンで保守性の高いコードベースが実現します。

製品 blank

4D NetKit:OAuth 2.0でのPKCE

OAuth 2.0は現代における認証の礎ともいえるものです。PKCEの登場は、OAuth 2.0を傍受やリプレイ攻撃から保護するための極めて重要な機能強化です。4D 20 R5での導入により、OAuth 2.0認証プロセスにPKCEをシームレスに統合することが可能になりました。

製品 blank

4D View Pro: 4D 20 R4の新機能

リリースのたびに、4D View Pro の機能リストは拡大し続けています。今回のリリースも例外ではありません: 4D 20.2 と 4D 20 R4 には、SpreadJS の新バージョン v16.2 と、それに対応したリボンのアップデートが含まれています。

この最新バージョンで強化された機能を紹介していきましょう。

製品 blank

4D Netkit:Gmailラベルの作成・削除・更新

Gmailラベルは、メールを分類・整理する柔軟な方法を提供し、パーソナライズされた効率的なメール管理を可能にします。ラベルを使用することで、ナビゲーションやメッセージの識別が容易になり、メール操作におけるユーザーエクスペリエンスが向上します。

4D v20 R4 では、ラベル管理に関わる機能セットが 4D NetKit に追加され、プログラミングで Gmailラベルを管理するための機能一式が揃いました。

製品 blank

Microsoft 365: メールのプロパティを更新する

皆様からのフィードバックは重要であり、この機能もまたそういったフィードバックの中の一つでした。

多くの開発者が、メールの’isRead'(既読)フラグを更新するコマンドを期待されていました。4D v20 R3 以降、この要望の多かった機能が4D Netkit に取り入れられました。新しいOffice365.mail.update()’関数を使えば、受信済みメールや下書きメールの様々なプロパティを簡単に更新できるようになりました。

詳細は続きをご覧ください。

製品 blank

4D View Pro:Blob形式のドキュメントのインポート/エクスポート

大きくて、かつ複雑な4D View Proドキュメントを扱う皆様にとって、パフォーマンスが懸念されるということは理解しています。4D v20 R3において、.sjsフォーマットと同等のパフォーマンスで圧縮されたドキュメントをデータベースに保存できる、新しいBlobフォーマットを提供が開始されました。