製品

ORDAでエンティティをロックする

Deeplからの自動翻訳

ORDAシリーズが続きます!今回のブログでは、ORDAの概念を用いてデータベースでロックを使用する方法について見ていきましょう!複数のユーザやプロセスが同時に同じレコードを読み込んだり、変更しようとしたときに起こるかもしれない競合を管理する必要があることはよくあることです。レコードロックは、データの一貫性のない更新を避けるために、リレーショナルデータベースで使用される方法論です。

ORDAは、すでにご存知のもの(悲観的ロック)に加えて、楽観的ロックモードを提供します。

製品 blank

ループ、ループ、そして……さらにループ!

Deeplからの自動翻訳

他の多くのプログラミング言語と同様に、4Dでは、数値の反復処理を行うために For(…) / End for 文による数値の反復処理や、条件付きで While(…)/End whileRepeat/Until(…)キーワードによって、数値の反復処理を行うことができます。これらの反復処理(またはループ)は非常に便利ですが、コレクションやエンティティセレクションのような高度なデータ型に対する反復処理には最も適切な方法ではありません。そのため、新しい For each(…)/End for each イテレータが作成され、コーディングが容易になりました!

ヒント blank

3ステップでできる!テーブルからダイナミックフォームを作成する方法

Deeplからの自動翻訳

4D v17は、4D v16 R6で初めて導入されたダイナミックフォームを搭載しており、エンドユーザーのニーズに完全に適応したフォームを動的に構築 するパワフルで柔軟な方法です。 ダイナミックフォームの可能性は計り知れません。この記事では、この新しいフォームで何ができるのか、具体的な例を見ていきましょう。

製品 blank

ORDA:オブジェクトとコレクションを使った仕事

Deeplからの自動翻訳

このORDAシリーズの最新版では、新しいORDAのコンセプトが、既存のオブジェクトやコレクションとどのように相互作用するかを見ていきます。実際、エンティティやエンティティセレクションをオブジェクトやコレクションに変換したり、オブジェクトやコレクションからエンティティやエンティティセレクションを構築することが可能です。そうすることで、ORDAのコードを既存のコードに簡単に統合することができます。コードを書き換えることなく、ORDAの利点をフルに活用することができます

製品 blank

現在の選択項目とORDAを往復する

Deeplからの自動翻訳

ORDAは 4D v17の大きなイノベーションです。このため、私たちはブログ記事のシリーズ全体をORDAに捧げています。ORDAには、古典的なアプローチとは全く異なる独自のコンセプトがありますが、既存のコードにORDAを混ぜることは可能です。

簡単に言うと、このブログ記事では、エンティティ選択からテーブルの現在の選択を更新 する方法と、テーブルの現在の選択からエンティティ選択を取得 する方法を紹介します。これにより、既存の4DコードにORDAの 概念を段階的にスムーズに取り入れる ことができます。

製品 blank

リストボックスでコレクションを表示する

Deeplからの自動翻訳

最近、4Dは、新しいタイプの変数であるコレクションと、それを操作するための多くのメソッドを導入しました。4D v17では、コレクションの内容を簡単に表示することができるようになり、コレクションの可能性が広がりました。どのように?コレクションタイプのリストボックスです。

製品 blank

オブジェクト指向のアプローチでデータベースをクエリする

Deeplからの自動翻訳

データの作成、更新、削除の方法を学んだ後、ORDAシリーズの新しいエントリを紹介します。今回は、オブジェクト指向でデータストアにクエリを発行する方法を紹介します。ORDAを使えば、クエリはより軽く、より読みやすくなり、オブジェクト指向の概念を使ってデータモデル全体をナビゲートすることができます !

さらに、ORDAでは 複数の関連するテーブルへのクエリ、同じテーブルに対する再帰的なリレーションの管理、1つのクエリで複数の論理演算子の使用が非常に 簡単にできます。さらに、テーブル間のリレーションを手動または自動で設定する心配もありません!

製品 blank

ORDAによるデータの作成、更新、削除

Deeplからの自動翻訳

4D v17 を紹介します。 ORDAORDAは、4D開発者に新しい可能性の世界を開く、4Dの大きな進化です。ORDA の詳細とその利点については、この投稿をチェックして、ORDA があなたの仕事のやり方をどのように変えるかを見てください。ORDA の探求をガイドするために、e’ve prepared は、 core のコンセプトと関連する機能に完全に特化した一連のブログポストを用意しています。このブログ記事では、ORDA を使ってデータベース上でCRUD 操作を行う方法について詳しく説明します。 CRUDは、データに対して実行可能な 4 つの基本操作の頭文字をとったものです。作成読み込み更新削除です。

製品 blank

ORDAで仕事の仕方がどう変わるか

その物理的な構造を気にすることなく、オブジェクト指向アプローチでデータベースを使用することを想像してみてください。複数のカレントセレクションを同時に管理したり、1行のコードで再帰的なクエリを実行したりすることを想像してみてくださいこれらのことは、ORDAにより現実のものとなりました! 4D v17 では、コードをオブジェクト指向で書くことができ、データモデル全体を簡単に操作することができます。

ORDA は、4D Summit 2018 の主要な発表の 1つで、4D の新しい可能性の世界を切り開きました。今こそ、その詳細をお伝えするときです。ORDA の機能については、ORDA の基本となるコンセプトと関連機能の紹介に特化した一連のブログ記事を提供することになりました。毎日、次々とリリースしていきます。

製品 blank

オートコンプリート機能をオブジェクト属性に拡張

Deeplからの自動翻訳

オブジェクト記法が新しい可能性を開くこのようなコーディング方法を採用するために、メソッドエディタのオートコンプリート機構を改善しました。オブジェクトの後にドットを入力するたびに、推奨される属性のリストが表示されるようになりました。まさに、コーディングのスピードアップに必要なものです。