製品

オブジェクトセット入力可能コマンドのオプションが増えました。

Deeplからの自動翻訳

尊重すべきインターフェースやルールは多数存在します。多くの場合、これらの制約は活動のドメインにリンクされています。明らかに、あるデータはユーザーによって入力可能であったり、そうでなかったりする。入力できないフィールドの場合、インターフェイスを管理する方法は2つあります。

  • ユーザーは、例えばレポートに追加するために、その内容を選択しコピーすることができます。
  • ユーザーはフィールドをコピーしたり、その内容を選択することができません。
製品 blank

4D言語。ご要望の改善点はこちら

Deeplからの自動翻訳

短絡的な評価、三項演算子、ループからの脱却、単純なキーワードによるメソッドからの脱却を夢見ることはないでしょうか?

もう、そんな夢は捨てろ!私たちは、4Dフォーラムで寄せられた機能要求に耳を傾け、コードをシンプルにするための4D言語の改良を行いました。

製品 blank

4D View Pro: テンプレートで開発プロセスをスピードアップ

Deeplからの自動翻訳

既存のテンプレートからレポートやスプレッドシートを作成することで、開発のスピードアップを図ることができます。4D v19 R4から、コピー&ペーストの操作を、別の場所(他の領域を含む)からセル範囲をコピーするコードを使用して実行できるようになりました。

製品 blank

クラスの異なる機能へ素早くジャンプ

Deeplからの自動翻訳

クラスは、4D v18 R3 で導入されました。これによって、ビジネスロジックを整理し、UI部分とより迅速に分離することができます。

クラスは長さの異なるいくつかの関数で構成されているので、修正したい関数を探したり、ある関数から別の関数に移動したりするのは必ずしも簡単ではありません。クラスと関数を表示するエクスプローラを使うこともできますが、エディタウィンドウでコーディングしているときは、ウィンドウを切り替える時間を無駄にしたくありません。

4D v19 R4では、クラス内の関数のリストがコードエディタのツールバーに表示され、特定の関数に簡単にジャンプすることができます。

製品 blank

スケーラブルなウェブセッションによるサーバー上でのデバッグ

Deeplからの自動翻訳

スケーラブルWebセッションは、4D v18 R6でもたらされた重要な改良点です。これにより、4Dタグ、4Dアクション、REST APIを、4Dサーバー上で、インタプリタモードでも、プリエンプティブなプロセスで使用することができるようになりました。しかし、このようなプログラムをデバッグするには、プリエンプティブプロセスではデバッガーウィンドウを開くことができないため、サーバー上で開発環境を開き、協調モードに切り替えさせる必要があったのです。このように、v19 R2までは、REST、4Dアクション、4Dタグのデバッグが可能でした。v19 R3からは、これらすべてが簡単になり、通常通りデバッガをアタッチするだけでサーバーサイドのデバッグができるようになりました。

製品 blank

パスワードのBcrypt対応

Deeplからの自動翻訳

セキュリティは、今日のビジネスソリューションシステムにとって基本的なトピックです。4Dでは、その重要性を理解しているからこそ、このトピックに取り組む機能を提供し続けています。

4D v19 R3では、ユーザーパスワードに強力なハッシュアルゴリズムを使用するようになりました。もっと詳しく見てみましょう

製品 blank

ORDA選択した2つのエンティティの徹底比較

Deeplからの自動翻訳

ORDAでは複数のエンティティセレクションを同時に扱うことができるため、プロジェクトメソッドやORDAデータモデルクラスの関数にパラメータとしてエンティティセレクションを渡すことで、これを利用することができると思います。

オブジェクト指向プログラミングで、できるだけ少ないコード行数で効率的に作業するためには、堅牢で最適化された関数が必要です。そのため、4D v19 R3では、entitySelectionオブジェクトで利用できる新しい関数 selected()関数です。

そのおかげで、2つのエンティティセレクションを検査したり比較したりすることができます。それでは、詳細をご覧ください。

製品 blank

開発ウィンドウ間のナビゲーションを簡素化

Deeplからの自動翻訳

新しい関数やメソッドを書くとき、あるいはフォームを作成するとき、その作業は決して直線的ではありません。通常、次のような作業が必要です。

  • エクスプローラにアクセスし、フォルダ内のフォームを見つける。
  • メソッドのドキュメントを書くためにエクスプローラーにアクセスします。
  • 4D ドキュメントウェブサイトでコマンドのドキュメントを読む
  • コンポーネントのメソッドのドキュメントを読む

この新しいバージョンでは、コードエディタとフォームエディタにいくつかのメニュー項目を追加し、プロジェクトの異なる要素間をより良くナビゲートできるようにしました。

製品 blank

ストッププレス!渡されないパラメータにアクセスすることは……可能です

Deeplからの自動翻訳

メソッドや関数は、オプションのパラメータを持つことができます。関数が2つのパラメータで呼び出されることもあれば、3つのパラメータで呼び出されることもあります。パラメータを数えたり、パラメータが渡されたかどうかをチェックしたり、あるいは単にパラメータに関連する変数が初期化されているかどうかをチェックすることなく、パラメータにアクセスすることを誰もが夢見たことがあるでしょう。そうすれば、”If “や “Count parameters “などの行が不要になり、コードがよりシンプルに、より読みやすくなるはずです。

さて、もう夢はありません、4D v19 R3に乗り換えましょう!メソッドや関数のパラメータ管理は、かつてないほど簡単になりました。