製品

DISTINCT VALUE の新しいパラメータ

Deeplからの自動翻訳

4D v15 R4 では、DISTINCT VALUEコマンドに新しいパラメータが導入されました。このパラメータは配列でなければならず、レコードの選択における各特異的な値のカウントを受け取ります。

この機能は、レコードの統計情報を取得したり、最も一般的なタイプでレコードを並べたりする場合に特に便利です。

製品 blank

JournalのJSONエクスポート

Deeplからの自動翻訳

4D アプリケーションでは、データファイルが重要であるため、データベースのすべてのアクティビティはログファイルに保存されます。皆さんもご存知のように、ログファイルは、不幸な不測の事態が発生した場合に、データベースを復旧させるために不可欠な要素です。しかし、データベースの活動に関するすべての情報は、分析に役立つこともあります。例えば、テーブルのアクティビティをチェックしたり、ユーザーによる変更を確認したり、レコードの履歴を追ったりすることができます。

製品 blank

GRAPHコマンドの制御を強化

Deeplからの自動翻訳

GRAPHコマンドは、グラフの使用とカスタマイズを容易にするために、完全にリファクタリングされました。さらに、様々なグラフのプロパティを完全に制御できるよう強化されました。

製品 4D View Pro: Create flexible UI

4D View Proを使用して柔軟なUIを作成する

4D View Proを使用すれば、フレキシブルでパワフルなUI、ダイアログ、ウィジェットを簡単に作成できます。4D View Proについてもっと知りたい方は、こちらのブログ記事をご覧ください。

この機能は、リストボックスオブジェクトの強力な強化であり、これによって非常に柔軟なUIを定義する手段を提供します。リストボックスの列にオブジェクト配列を関連付けることができるようになり、表示するデータの種類に応じて、各セルに異なるタイプのウィジェットを持たせることができるようになりました。