製品

クラスのプロパティ宣言と代入を1行で行う

4D 20 R5では、合理化されたプロパティ宣言により、変数代入のように、宣言と同時にプロパティを初期化できるようになりました。

この改善により、開発者はプロパティの宣言と初期化を1行で行えるようになり、コードの可読性が向上するとともにより効率化することができるようになりました。またこれにより、よりスムーズな統合が容易となり、初期化ブロックを個別に作成しなくてもよくなります。開発ワークフローが最適化され、インタープリターでもコンパイルモードでもコードの堅牢性が確保されるため、よりクリーンで保守性の高いコードベースが実現します。

製品 blank

新しいウィンドウタイプでアプリの外観をカスタマイズ

4D 20 R5 では、 2つのウィンドウタイプが追加されました。新たに提供される、タイトルバーのないフレキシブルなモーダルまたは非モーダルのウィンドウは、アプリケーションのカスタマイズ性に新たな可能性をもたらします。これにより、アプリケーションの外観を完全に自由にカスタマイズできるので、仕様に正確に沿うよう、または好みどおりにタイトルバーを設計し、カスタマイズされた検索ボックスなどの機能をシームレスに統合することができます。

それだけではありません! 開発プロセスを合理化するために設計されたいくつかの新しいコマンドも導入しました:

  • ウィンドウを最小化するコマンド
  • ウィンドウが最小化されているかどうかを確認するためのコマンド
  • ウィンドウが最大化されているかどうかを確認するためのコマンド
製品 blank

クライアント/サーバー接続とストアドプロシージャーに対応した新しい 4Dリモートセッションオブジェクト

4Dアプリケーションでは、4種類のセッションが存在します。4Dリモートセッション、ストアドプロシージャーセッション、モバイルセッションWebセッションです。

Sessionコマンドはいままで、Web または モバイルセッションを返しました。これにより、セッションに関する豊富な情報と、セッション内のすべてのプロセスで共有されるオブジェクトにアクセスできます。

4D 20 R5 では、Sessionコマンドの対象がクライアント/サーバー接続とストアドプロシージャーに拡張されました。

製品 blank

共有クラス

Deeplからの自動翻訳

古典的なオブジェクト構文に従い、必要なときに自動的にuse/end useを呼び出す、シンプルな共有オブジェクトの使い方をお望みですか?

シートベルトを締めてください。共有クラスの登場です!

製品 blank

4次元のシングルトン

Deeplからの自動翻訳

4D 20 R5は、開発者のための強力な機能を提供します:シングルトンです!

シングルトンデザインパターンは、アプリケーション全体でアクセス可能なクラスのインスタンスを1つ作成します。

このパターンには、以下のような多くの利点があります:

  • プロセス間の値のホスト
  • ユーティリティ・クラス
  • ファクトリーデザインパターンのベース
  • など多くの利点があります。

この新しいコンセプトの詳細については、このまま読み進めてください!

製品 blank

日付と時間のカスタマイズ

日付や時刻の操作には、4Dの内部リソースや OSの設定に基づいた、様々な表現のための専用フォーマットがたびたび必要になります。

通常は、規定のフォーマットで十分ですが、地理的に異なる場所や特殊な要件に対応するため、カスタムフォーマットが不可欠な場合もあります。4D 20 R4 では、このようなニーズに対応するために、大きな進歩がありました。

製品 blank

可変長引数関数の書き方への新しいアプローチ

多くの方は、不定数の引数を受け取ることができるメソッドや関数を使用することに慣れていることでしょう。こういった関数は一般的に可変長引数関数または可変長関数などと呼ばれます。

4D v20 R3 では、皆さんの開発のしやすさを向上させるために、エリプシス(省略記号)を導入することで、これらのメソッドの宣言を合理化し、コードをよりわかりやすく、作業しやすくしました。

製品 blank

PHPコマンドの廃止予定と4DビルトインのPHPインタプリタの削除

PHPは、Web開発において重要な役割を果たし、またzip、ハッシュ、LDAP機能など、ネイティブ言語ではまだ利用できない機能を提供するために4D v12で導入されました。4Dは、これらのPHP機能の多くをコア機能に取り込んできました。その結果、4D v20 R3ではビルトインのPHPインタプリタを削除し、v21ではPHPコマンドの廃止予定プロセスを開始することにしました。

4DからPHPコマンドを完全に削除するわけではありませんが、今後はPHPコードを実行するためにはシステムワーカーを使って実行することが強く推奨されます。

このブログでは、この移行プロセスについて説明しながら、PHP Execute コマンドを通して外部インタープリタを使用する方法や、システムワーカーでPHP コードを効率的に実行する方法を説明します。