製品

4Dを使用してネイティブなモバイルアプリケーションを作成する

4D for Androidと4D for iOSを使用すれば、4DデータベースをベースにしたAndroidやiOSのネイティブアプリを設定、デザイン、ビルド、配布することが可能です。生成して配布されたモバイルクライアントは、追加要件なしにそれだけで4Dサーバーに接続し、新規または既存のデータを操作することができます。

4D for Androidと4D for iOSは、統合された1つの4Dコンポーネントに含まれています。あなたはモバイルプロジェクトを作成したあとに、ビルドするプラットフォームをAndroidか、iOSか、またはその両方向けにするかを選ぶことができます。

複雑な作業は4Dが処理し、Swiftで書かれたXcodeプロジェクト、またはKotlinで書かれたAndroidプロジェクトを生成します。その後、XcodeとAndroid Studioでそれらを再び開いて作業を続けることもできます。

このブログ記事は、完成されたモバイルアプリを作ることができる4Dのモバイルソリューションで利用できる機能をまとめたものです。

ヒント blank

テーラーメイドのネイティブアプリ。モバイル版4Dで注文する

Deeplからの自動翻訳

4D v19 R6とv19 R7は、4D for Mobileに2つの興味深い機能をもたらしました。セッションと、4Dサーバーが提供するウェブページをあなたのネイティブモバイルアプリで表示することです。しかし、この2つを組み合わせたときに得られる可能性について考えたことがありますか?

このブログ記事では、その可能性の1つを紹介します。モバイルユーザーが中央購買部に発注し、在庫を一元管理できるようなシンプルなアプリの構築方法を紹介します。

製品 blank

4D for Androidにセクションが登場!

データリストでは、ユーザーが目的のデータをすばやく簡単に見つけられるように、通常、その結果は関連するフィールド順でソートされます。他に読みやすさを向上させるテクニックとしては、、セクションを追加して結果をグループ化する方法が挙げられます。

これは、4D v19 R8から使用できるようになった新機能です。それでは、詳細を見ていきましょう。

製品 Young asian woman using a smart phone. Mobile communication.

4D for Mobile:4D v19 R8 の新機能

4D for iOSと4D for Androidの機能は、リリースを経るたびに拡大していっています。もちろん、今回のフィーチャーリリースも例外ではありません。それでは、4D v19 R8で何ができるようになったのかを見てみましょう。

何が含まれるのか

4D for Androidで以下の機能が利用できるようになりました(4D for iOSではすでに利用可能でした)。

  • テーブルフィールドやJSONファイルから選択リストを作成。
  • 連絡先アプリケーションで、GPS座標や電話番号などを取得するために、コード付き入力コントロールを使用する。
  • 一覧フォームにセクションを追加して、例えば会社ごとなどにデータをグループ化する。
  • カスタムログインフォームを使用する。
  • 下部ナビゲーションバーにテーブルを4つ以上表示できるようにし、Androidのガイドラインに従うように改善。
製品 blank

4D for Mobile : モバイルユーザーのCookieを取得する

Deeplからの自動翻訳

ご存知のように、スケーラブルセッションは4D v18 R6から利用できるようになりました。これは、プリエンプティブモードで複数のプロセスを扱うことができるウェブセッションの一種です。つまり、複数のユーザーエージェントのリクエストを同時に処理し、これらのプロセス間でデータを共有することができるのです。

4D v19 R7は、この機能を大幅に強化し、4D for Mobileで利用できるようにしました。

製品 blank

4D for Mobile : モバイルアプリにウェブページを表示する

Deeplからの自動翻訳

すでに、テンプレートに基づいたビューを構成することができ、モバイルアプリを美しくするために、何十ものテンプレートが自由に利用できます。4D v19 R7では、新しいプリセットアクションを使って、4Dが提供するウェブページを表示することで、さらにスパイスを効かせることができます。URLを開く “です。

これは、4つのことを意味します。

  1. 独自のデザインを自由に作成できるようになりました。
  2. ネイティブアプリに組み込まれたシームレスなユーザーエクスペリエンスを維持できる
  3. リアルタイムで更新されたデータを取得
  4. ユーザーデータを保持し、セッションを使用して最適化されたユーザー体験を提供することができます。

モバイルデバイス用に最適化されたウェブページを作成するだけです。

簡単な例で使い方を確認しましょう。

製品 blank

モバイル向け4D。4D v19 R7 の新機能

4D for iOSと4D for Androidの機能リストは、リリースされるたびに大きくなっています。そして、今回の機能リリースも例外ではありません。それでは、4D v19 R7がどんな機能なのか見てみましょう。

何が入っているか?

  • リストフォームの内容をソート(Android向け)(iOS向け4Dでは既に提供されています
  • マテリアルデザイン3へのアップデート(Android版のみ)
製品 blank

モバイル向け4D。エイリアスにご挨拶

Deeplからの自動翻訳

ご存知のように、エイリアスは4D v19 R4から利用できるようになりました。エイリアスと計算属性は、私たちの開発フレームワークにとって大きな前進となりました。

ビジネス関連の数式を4Dユーザーインターフェースで定義する時代は終わりました。これらのコンセプトは、ビジネスロジックをUIから分離する新しい方法を提供し、各パーツを別々に最適化することでパフォーマンスを向上させることを可能にします。

そして今、4D v19 R6では、エイリアスが完全に利用でき、エイリアスが4D側で定義されると同時に、iOSやAndroidのモバイルプロジェクトで スカラーに使用できるようになりました。

製品 blank

モバイル向け4D。v19 R6 の新機能

Deeplからの自動翻訳

4D for iOSと4D for Androidの機能リストは、リリースされるたびに大きくなっています。そして、今回の機能リリースも例外ではありません。それでは、4D v19 R6が何を備えているのか、見ていきましょう。

何が入っているのか?

4D for Androidと4D for iOSエディタについて

  • スカラーのエイリアスは、モバイルアプリケーションで管理できるようになりました。

4D for Android向け(4D for iOSではすでに提供されています)。

  • 良いニュースです。オフラインアクションの管理が可能になりました。
  • モバイルアプリケーションの各世代でデータを再生成しない可能性があり、時間の節約になります。