ヒント blank

4D View Pro:ドキュメント読み込み終了

Deeplからの自動翻訳

4D View Pro(特にオフスクリーンモード)を複雑なドキュメントで使用する場合、すべての計算式の計算に時間がかかり、最終的にいつ終了したかを知ることが難しい場合があります(エクスポートや印刷などのコマンドを呼び出す前に待つことが重要です)。

その解決策として、2つの新しいイベントを導入しました。そのうちの1つは、1つの計算/式ごとに呼び出され、タイマーを起動するために使用することができます。もし、他の計算式が終了しないまま時間切れになった場合、ドキュメント全体が終了したと判断することができます。

製品 blank

4D View Pro:コードによる検索と置換

Deeplからの自動翻訳

4D View Proのドキュメントを初期化する際、その中の値やタグを探し出し、4Dから発行されたデータに置き換える必要がある場合があります。今なら VP Findコマンドを使えば簡単です。このコマンドのおかげで、データ、数式、タグを見つけて、シート全体、または特定の部分のみを置き換えることができます!

その方法を探ってみましょう。

製品 blank

4D View Proが6ヶ国語に対応しました

Deeplからの自動翻訳

4D View Proのスプレッドシートを母国語で表示することが、あなたとあなたの顧客の両方にとっていかに重要であるか、私たちは知っています。そのため、4D v18 R5では、5つの言語がサポートされるようになりました!英語に加えてフランス語ドイツ語スペイン語日本語、そしてポルトガル語のサポートが追加されました!

製品 blank

4D View Pro:4D数式をスプレッドシートで使用

Deeplからの自動翻訳

4D v18 R5 では、コードを書くのを簡単にする新しいコマンドを導入しています。 VP SET CUSTOM FUNCTIONS.4D View Proで4Dフォーミュラを実行するカスタム関数を作成します。

このコマンドのおかげで、4D コマンド、フィールド、変数、メソッド、または任意の式を、セルの数式で使用できるようになりました。例えば、4D View Pro でシンプルな変数を使用するためにメソッドを作成する必要はなく、Formula にパラメータとして渡すだけでよいのです。

製品 blank

4D View Pro:計算の有効化、無効化、強制化

Deeplからの自動翻訳

4D View Proは、ワークシートの計算式が依存するデータ(項目、計算式、名前など)を変更すると、自動的に再計算を行います。

しかし、UIをよりインタラクティブにし、好きな時に計算式を実行できるようにしたい場合はどうしたらよいでしょうか。4D v18 R4は、3つの新しいコマンドのおかげで、それを可能にします。 VP SUSPEND COMPUTING, VP RESUME COMPUTINGVP RECOMPUTE FORMULAS.これらのコマンドを使えば、ドキュメント内のすべての計算を中断、再開したり、強制的に再計算させることができます。

製品 blank

4D View Pro:セルのマージおよびアンマージ

Deeplからの自動翻訳

表を作成する際に、2つ以上のセルを結合して、表の特定のセクションに中央揃えのタイトルを作成する必要がある場合がよくあります。4D v18 R4では、プログラミングによってセルのグループを結合したり、解除したりするための新しいコマンド群が自由に使えるようになりました。それでは、いくつかの例を見てみましょう。

製品 blank

4D View Pro。ワークシートをカスタマイズするためのオプションがさらに充実

Deeplからの自動翻訳

ユーザーフレンドリーなドキュメントを作成するために、グリッドラインやヘッダーを隠したり、特定のセルを保護したり、コーポレートアイデンティティを尊重するために単にラインカラーを変更する必要があることがよくあります。4D v18 R3では、新しい VP SET SHEET OPTIONS コマンドで行うことができます。