ニュース

4D v18 R3 はこちら

Deeplからの自動翻訳

4D v18 R3がリリースされたことを発表できることに興奮しています。

4D v18 R3は、これまでで最も多くの機能が詰め込まれたリリースの1つです。また、オブジェクト指向プログラミングの追加により、4Dプログラミングの世界において非常に重要なステップの始まりとなります。

ここでは、その一部をご紹介します。

  • 4D言語は、モジュール化され、再利用可能で保守しやすい コードを書くことを可能にするクラスの導入により、大きな飛躍を遂げました。
  • 例えば、構造が更新されたときに、最新のデータストアを持つために、データベースを再起動する必要はありません。さらに、1行のコードでエンティティ選択のための行を選択することができます。
  • 4D Server の監視 セットは、指定した時間以降に実行されるすべてのオペレーションやその他の有用な情報を取得できるよう、追加機能が強化されています。
  • 4DWrite Proインターフェイスの 標準アクションが追加され、開発の可能性がさらに広がりました。
  • 4D for iOSは 40以上のすぐに使用できるテンプレートを提供します。ワンクリックでプロジェクトエディタから直接ダウンロードし、あなたのニーズに合った完璧なカスタムアプリを作り始めることができます。
  • 1つの 4Dインスタンスで 複数のWebサーバーを実行したり、新しいメソッドと コンポーネントの ドキュメントを活用したり、ヘッドレスサーバーでオフスクリーンWebエリアを使用したり、XPathの進化や4D View Proワークシートのカスタマイズのオプションなど、これらは全て、4D v18 R3で利用できるもののほんの一例に過ぎません
ヒント blank

プロジェクトのデータベースコンポーネントのための独自のドキュメントを構築

Deeplからの自動翻訳

以前のブログ記事で、エクスプローラーにメソッドのドキュメントが戻ってきたことを紹介しました。さらに進化して、コンポーネントのドキュメントとして使用したいと思いませんか?このブログでは、その方法をご紹介します。

製品 blank

オフスクリーンのウェブエリアを使用する

Deeplからの自動翻訳

ヘッドレスサーバーでWebページをロードしたり、メタデータを抽出したり、ページのコンテンツから画像を生成したりする必要がありますか?もし、「はい」と答えたなら、4D v18 R3がそれを可能にするので、ラッキーです!コマンドでオフスクリーンウェブエリアを作成できるようになりました。 WA Run offscreen areaコマンドで作成できます。

製品 blank

POP3によるMIME形式でのメールダウンロード

Deeplからの自動翻訳

例えば、法律上または会計上の理由から、すべてのビジネスメールを保存する必要がありますか?これらの文書は、そのままの形で保存する必要があります。つまり、受信したままの状態…オリジナルの未変換のフォーマットで保存する必要があります。4D v18 R3はこのニーズに応え、電子メールを元のMIMEフォーマットで取得できる新しいメソッドを提供します。

製品 blank

ORDA:再起動せずに最新のデータストアを利用できる

Deeplからの自動翻訳

4D v18 R3には、開発者のエクスペリエンスに大きな影響を与えるエンハンスメントが含まれています。多くの方から要望のあった機能を、4Dが実現しました!

開発段階(コードの記述とテスト)で4Dスタンドアローンモードで作業する場合、構造が更新されたときに最新のデータストア(ds)を更新するためにデータベースを再起動する必要はありません。

新しい属性や新しいテーブルが必要なとき、毎回データベースを再起動する必要はありません。全て自動です!

コマンドを呼び出すと、最新のデータストアを取得できます。 dsコマンドを呼び出すと、最新のデータストアオブジェクトを取得できます。つまり、このデータストアオブジェクトの複数のバージョンを、実行中のプロセスを停止させることなく、構造を更新したタイミングに応じて、同時に処理することができるのです。

クライアント/サーバーモードで作業している場合、4Dサーバー上で動作しているコードには問題なく機能します。

リモートクライアントでは、構造の更新が必要なクライアントを再起動するだけです。

製品 blank

4D Write Proのドキュメントを入力フォームとして使用する

Deeplからの自動翻訳

ユーザーが誤って特定の4D Write Proドキュメントを変更することを避けたいですか(完全または部分的に)?ドキュメントの一部を変更しないようにしたいですか(例えば、秘密保持契約書のフィールドを埋める能力をユーザーに与えながら、ドキュメント内の情報が一切変更されないようにしたい)?もし、あなたが首をかしげるのであれば、読み続けてください。4D v18 R3では、ドキュメントの一部を 保護することができます。「編集不可“です。

製品 blank

プロジェクトデータベースメソッドドキュメントの復活

Deeplからの自動翻訳

アプリケーションを開発する際、メソッドの詳細(例えば、メソッドの動作の説明、構文、メソッドに渡されるパラメータの定義など)に素早くアクセスできると非常に便利な場合があります。これは、コンパイルされたコンポーネントを使用する場合に、より重要になります。メソッドの中身を見ることができないので、使い方を理解するためにはそのドキュメントに頼るしかないのです。

4D v18 R3では、エクスプローラーのダイアログが強化され、プロジェクトデータベースのドキュメントが利用できるようになりました。

製品 blank

4Dサーバーの動作を監視する新ツール

Deeplからの自動翻訳
4D Server のアクティビティを管理するのに役立つ多くの 機能がリリースされました。4D v18 R3は、4D管理者に4D Server活動のための別の監視ツールを提供します。指定した時間以降に実行されるすべてのオペレーションと、関連するテーブル、フィールド、クライアントに関する関連する詳細を取得するツールです。
この機能により、上記のことが可能になるだけでなく、コードの最適化、問題の特定、4Dサーバーのリソースの解放が容易になります。
製品 blank

4D View Pro。ワークシートをカスタマイズするためのオプションがさらに充実

Deeplからの自動翻訳

ユーザーフレンドリーなドキュメントを作成するために、グリッドラインやヘッダーを隠したり、特定のセルを保護したり、コーポレートアイデンティティを尊重するために単にラインカラーを変更する必要があることがよくあります。4D v18 R3では、新しい VP SET SHEET OPTIONS コマンドで行うことができます。

製品 blank

1つの4Dインスタンスに複数のウェブサーバを搭載

Deeplからの自動翻訳

例えば、Webアプリケーションのコードをいくつかのビジネスユニットに分割したり、管理者用のWebサーバーをユーザー用から分離したり、まだプリエンプティブに対応していない古い部分を別のインスタンスで実行して、メイン部分をプリエンプティブに実行できるようにするために、複数のWebサーバーを使用する必要があったことがありますか。

4D v18 R3では、このようなことが簡単にできるようになります。