製品

4D View Proのドキュメントのスタイルをカスタマイズする

Deeplからの自動翻訳

4D v17 R6では、4D View Proのドキュメントのスタイルをプログラムでカスタマイズすることができます。それには、3つの方法があります。1) デフォルトスタイルコマンドでシートの一般的なスタイルを定義する、2) スタイルシートコマンドでよく使うカスタムスタイルを定義する、最後に3) セルススタイルコマンドで特定のセルのスタイルを定義する。

製品 blank

4D View Proでコレクションを使用して書き込みと読み取りを行う。

Deeplからの自動翻訳

何百もの異なる値や数式を読み書きする必要がある場合、コレクションを使用することで、より速く、より簡単に、同時に行うことができます。このために、新しいコマンドが用意されています。 VP SET VALUES, VP Get values, VP SET FORMULASVP Get formulas.

製品 blank

4D View Proで選択範囲とアクティブセルを管理する

Deeplからの自動翻訳

通常、4D View Pro では、作業中のセルとデータが入力される場所(アクティブセル)を特定する必要があります。また、いくつかのセルを選択し、そのセルに書式設定や値を入力するなどのアクションを実行する必要がある場合もあります。4D v17 R5では、アクティブセルとセル選択の両方を管理するための新しいコマンド群が提供されています。

製品 blank

4D View Proで範囲と数式に名前を付ける

Deeplからの自動翻訳

4D v17 R4は、4D View Proのクールな新機能である名前付き範囲と数式を搭載しています。セルや定数を参照する数式を使用する必要がある場合、この機能はとても役に立ちます!

これらの新しいコマンドを使えば、4D View Proの自動補完機能により、数式がより読みやすく、簡単にアクセスできるようになります。

製品 blank

4D View Proでセルの内容を取得・設定する

Deeplからの自動翻訳

プログラミングによってドキュメントを操作できることは、4D View Proを使用する上で重要なポイントです。今、あなたはプログラミングによってドキュメントを埋めることができます。ラベル、データベースフィールド、フォーミュラとしてデータをドキュメントに設定することができます。もちろん、設定できるものは、取得することも可能です!また、セルの数式やユーザが入力した値を取得することもできます。

製品 blank

4D View Proで範囲をコード化する

Deeplからの自動翻訳

4D v17 R4では、4D View Proに新機能が追加され、その1つがコードによるレンジの作成です。

まず、プログラミングでセルを操作するために、範囲オブジェクトを定義する必要があります。4D View Pro では、次の新しいコマンドでこれを行うことができます。 VP Cell, VP Cells, VP Column, VP Row, VP AllVP Combine ranges.

製品 blank

4D View Pro で .xlsx文書を扱う

4D View Pro エリアで Microsoft Excelドキュメントを直接開いたり、4D View Proドキュメントを Microsoft Excel フォーマットに変換して顧客に送ったりする必要がありますか? それが可能になりました。この機能のおかげで、4D ビジネスアプリケーションは、MS Office 環境との互換性をさらに向上させることができました。

製品 blank

4D View Proでメソッドとデータベースフィールドを使用する

Deeplからの自動翻訳

4D v17 R2では、数式内から4Dプロジェクトのメソッドやフィールドを呼び出すことができるようになりました。これは、4D View Pro ドキュメントの可能性を広げるだけでなく、変換プロセスの継続的な改善により、変換された 4D View ドキュメント内の 4D メソッドやフィールドの呼び出しも保持されます。

製品 blank

4D View Pro。強化されたユーザーインターフェースのための新オプション

Deeplからの自動翻訳

UIは、個人の好みによりますが、4D View Proは、あなたの好みを強化するために2つの新しいオプションを提供します。

新しいアピアランスセクションの プロパティリストに2つのプロパティが追加されました。4D View Proのドキュメントを新しいユーザーインターフェイスでカスタマイズすることができます。最初のプロパティ、ユーザーインターフェイスは、2つの異なる表示モードを切り替えることができます。ツールバーと なし。2つ目のプロパティ「数式バーを表示」は、数式バーの表示/非表示を切り替えるチェックボックスです。