ニュース

4D v18 R6 ベータ版、本日より提供開始

Deeplからの自動翻訳

4D v18 R6のベータテストの開始をお知らせします。

早速ですが、この機能リリースがどのようなものかを見てみましょう。

  • スケーラブルなウェブセッションで高度なウェブアプリケーションを構築。
  • iPhoneをバーコードスキャナにして 検索機能を強化し、人間工学に基づいた4D for iOSアプリケーションを 多対多の関係で構築することができます。
  • 関数のプロトタイプと短い説明をコードエディタに表示することで、開発プロセスをスピードアップし、タイプミスを防止します。
  • OAuth 2.0トークンでメール転送装置を接続し、セキュリティを強化。
  • 新しい4D View Proのコマンドにより、検索と置換を使用して、シート全体または特定の部分のみのデータ、数式、値を検索(および置換)することができます。
  • 新しいツールバーと サイドバーの強化により、4D書込みProのドキュメントをより速く、より簡単に作成することができます。
  • その他にも多くの機能があります(下記参照)。
ニュース

4D v18 R5 はこちら

Deeplからの自動翻訳

4D v18 R5がリリースされたことをお知らせします。

この機能リリースには、フォームエディタのCSSプレビューから始まり、4D View Proをあなたの母国語で表示する機能など、皆様からご要望いただいた多くの機能が含まれています…ほんの一部をご紹介します

4D v18 R5をダウンロード

早速ですが、今回の機能リリースの概要をご紹介します。

ニュース

4D v18 R5 ベータ版、本日より提供開始

Deeplからの自動翻訳

4D v18 R5のベータテストが本日より開始され、私たちはこれ以上ないほど興奮しています。

ORDA、フォームエディタ、4D for iOS、4D Write Pro、4D View Proから、高度なプログラミングと配置関連の機能まで、今回の機能リリースにはすべてが含まれています。今回の機能リリースには、私たちの機能リクエストフォーラムで最も投票数の多かった機能を含む、すべてが含まれています。

  • フォームエディタで最終的なCSSレンダリングをプレビューできるようになり、アプリケーションの美化がこれまで以上に簡単になりました。
  • フォームエディタでマクロを使用することで、より短時間でより多くの作業を行うことができます。
  • ORDAは常に新しい機能を提供しており、この機能リリースも例外ではありません。共有可能なエンティティ選択が利用でき、関数の利用可能性をよりコントロールできるようになりました。
  • 関数やメソッドの宣言時にパラメータや結果に名前を付ける機能、クライアントを使って サーバー上で実行されているコードをデバッグする機能、マージされた4Dサーバーや4Dクライアント用にカスタマイズされた4Dキャッシュなど、より高度な機能が自由に使えるようになっています。
  • 4D for iOSは、2つの新しい進化を利用できます。データ同期プロセスが最適化され、最大25倍の速さでデータ同期を行い、ディープリンクにより、ユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。
  • 新しいIMAPコマンドは、検索、コピー、移動、削除が可能です。さらに多くのIMAP機能を準備中です。
  • 4D Write Proも新しい機能が満載で、4D View Proは新しいコマンドであなたのコードをより簡単に書くことができます。
  • その他にも多くの機能があります(下記参照)。
ニュース

4D v18 R4 はこちら

Deeplからの自動翻訳

4D v18 R4がリリースされたことを大変嬉しく思います。

4D v18 R4は、これまでで最高の機能リリースで、増え続ける4Dのリストに20以上の新機能が追加されています。

より良くなり続ける4D言語から、4D for iOSが提供する充実したアプリの構築のための新機能、そしてあなたがリクエストした4D Write Proの機能の実装まで、4D v18 R4は、これまでで最高の機能リリースです。さらに、あなたのドキュメントをさらにコントロールするための、まったく新しい4Dビュープロコマンドのセットもあります。

さらに、4D View Proの新しいコマンドは、ドキュメントをさらにコントロールすることができます。

ニュース

4D v18 R4 ベータ版、本日より提供開始

Deeplからの自動翻訳

4D は、4D v18 R4 のベータテストの開始を発表します。

4D v18 R4は、これまでで最高の機能リリースの一つです。4D v18 R4は、これまでで最高の機能リリースです!増え続ける4D機能のリストに追加されたすべての進歩を共有できることに、とても興奮しています。

さっそく、20以上の新機能をご紹介しましょう。

  • ORDAクラスが初めて登場し、ビジネス指向のコードを可能にすることで、複雑さを隠し、エラーを減らし、開発プロセスをスピードアップすることができます。
  • CryptoKeyクラスは、データの機密性を保護し、メッセージの整合性と送信者の信頼性を検証するために利用可能です。
  • 4D開発者ツールキットは、直感的なオートコンプリートのための新しい宣言シンタックス、フォームオブジェクトの値へのコードによる簡単なアクセス、プロジェクトアプリケーションでのサーバーコードの 開発と デバッグの容易さなど、追加機能で溢れています …ほんの数例を挙げればきりがありません。
  • 4D for iOSには、より魅力的なアプリ、UIの可能性、アプリへのアクセスのコントロールのための、よりエキサイティングな機能が含まれています。
  • 4D Write Proは、インポートとエクスポートが可能です。4D Write Proはウィジェットを介して様々なドキュメントフォーマットをインポート、エクスポートでき、ハイパーリンク、画像サイズの最適化などをサポートしながらPDFに直接エクスポートすることも可能です。
  • リストボックスのプロ機能を使用するために、4D View Proのライセンスはもう必要ありません。無料になりました。
  • 4D View Proは、あなたのドキュメントをさらにコントロールするために、全く新しいコマンドセットを備えています。
  • 4D v18 R4は、デフォルトで新しいプロジェクトを作成しますが、開発者は、簡単な設定で、バイナリデータベースを作成することができます。
  • その他にも多くの機能があります(下記参照)。
ニュース

4D v18 R3 はこちら

Deeplからの自動翻訳

4D v18 R3がリリースされたことを発表できることに興奮しています。

4D v18 R3は、これまでで最も多くの機能が詰め込まれたリリースの1つです。また、オブジェクト指向プログラミングの追加により、4Dプログラミングの世界において非常に重要なステップの始まりとなります。

ここでは、その一部をご紹介します。

  • 4D言語は、モジュール化され、再利用可能で保守しやすい コードを書くことを可能にするクラスの導入により、大きな飛躍を遂げました。
  • 例えば、構造が更新されたときに、最新のデータストアを持つために、データベースを再起動する必要はありません。さらに、1行のコードでエンティティ選択のための行を選択することができます。
  • 4D Server の監視 セットは、指定した時間以降に実行されるすべてのオペレーションやその他の有用な情報を取得できるよう、追加機能が強化されています。
  • 4DWrite Proインターフェイスの 標準アクションが追加され、開発の可能性がさらに広がりました。
  • 4D for iOSは 40以上のすぐに使用できるテンプレートを提供します。ワンクリックでプロジェクトエディタから直接ダウンロードし、あなたのニーズに合った完璧なカスタムアプリを作り始めることができます。
  • 1つの 4Dインスタンスで 複数のWebサーバーを実行したり、新しいメソッドと コンポーネントの ドキュメントを活用したり、ヘッドレスサーバーでオフスクリーンWebエリアを使用したり、XPathの進化や4D View Proワークシートのカスタマイズのオプションなど、これらは全て、4D v18 R3で利用できるもののほんの一例に過ぎません
ニュース

4D v18 R3 ベータ版本日より提供開始

Deeplからの自動翻訳

4D v18 R3のベータテストの開始をお知らせします。この機能リリースは、どのような進化を遂げているのでしょうか?

  • 私たちは、シームレスで直感的なコーディング体験のために、4D言語を進化させるよう努力しています。そのために、4D言語は、クラスの導入で大きな飛躍を遂げました。
  • どの操作が原因でサーバーが遅くなるのかを判断するのに迷うことはありません。新しいコマンドは、指定された時間を 超える操作を検出するのに役立ちます。
  • ORDAはまた、2つの新しいメンバーメソッドなどの機能も持っています。1つ目は、エンティティ選択からデータを抽出することができ、2つ目は、サーバーからリフレッシュされたデータを即座に取得することを可能にします。
  • 4D write Proのインターフェースには、40以上の標準アクションが追加され、開発の可能性をさらに広げました。
  • 4D for iOSでは40種類以上のテンプレートが用意されています(プロジェクトエディタからアクセス可能)。
  • その他にも、いろいろな機能があります(下記参照)。
ニュース

4D v18 R2 はこちら

Deeplからの自動翻訳

4D v18 R2がリリースされたことをお知らせします。

ここでは、その内容をご紹介します。

  • フォームエディタのUXが大幅に強化され、ビューが使用されていることを即座に知らせ、フォームデザインを簡単にする多くのアクション(ビューの追加、ビューの削除、ビュー内のすべてのオブジェクトの選択など)が提供されます。そして極めつけはレイアウトを一新し、フラットなアイコンを採用することで、全体的にフレッシュな印象になりました。
  • アプリケーションのインターフェイスがmacOSのドック/メニューやWindowsのタスクバーに隠れないように、作業領域を完全にコントロールすることが可能です。また、リストボックスビルダーが稼働しており、実体選択リストボックスを構築する際の生活を簡素化します。
  • 4D Write Proには、ドキュメント内の数式を管理したり、画像を簡単に削除する機能などの追加機能が搭載されています。
  • 4DView Proのドキュメントはどうでしょうか。行や列の追加や削除、サイズや可視性、ヘッダーラベルを定義するためのコマンド一式が追加されました。
  • さらに、メールを受信する機能の最初の部分にアクセスでき、ローカルにメールをダウンロードしたり、メールサーバーから削除することができます。

そして、さらに多くのことがあなたを待っています。

ニュース

4D v18 R2 ベータ版本日より提供開始

Deeplからの自動翻訳

4D v18 R2のベータテストの開始をお知らせします!このR-releaseでは、どのような新機能が提供されるのでしょうか?

  • プロジェクト・データベースのための継続的な開発の一環として、フォーム・エディタのUXが大幅に強化され、ビューが使用されているかどうかが即座に分かるようになりました。さらに、フォームのデザインを簡単にするためのアクションが多数追加されています。
  • アプリケーションのインターフェイスが、macOSのドック/メニューやWindowsのタスクバーに隠れないようにする方法が欲しいという要望を、4Dは実現しました!4Dが実現しました!これで、作業エリアをコントロールすることができます。
  • メールを受信する機能の最初の部分については、新しいコマンドといくつかのメソッドを自由に使って、メールをローカルにダウンロードし、メールサーバーから削除することができます。
  • 4D Write Pro?ドキュメント内の数式を管理し、画像を瞬時に削除する機能は、今日のオーダーです。
  • 4DView Proの文書についてはどうでしょうか。行や列の追加や削除から、サイズ、表示、ヘッダーラベルの定義まで、あなたを助けるコマンドのセットが用意されています。