製品

4D Write Proが画像表現に対応しました

Deeplからの自動翻訳

このブログでは、4Dライトプロに関連する、複雑なドキュメントをプログラム的に作成するための機能をご紹介します。印刷したり、メールで送ったりできるドキュメントです。

式が絵になる!4D Write Proのドキュメントでピクチャを扱うのがより簡単になり、大きな可能性を提供します。これからは、画像を返すどんな式でも挿入することができます。最もわかりやすいケースは、フィールドと変数ですが、4D関数や独自のメソッドにも適用されます。

製品 blank

4D Write Proで原寸大の背景写真

Deeplからの自動翻訳

紙の折れ線や透かしなど、印刷可能な領域全体を背景画像で埋め尽くす必要があるユーザーストーリーはよくあることです。また、企業のグラフィックチャーターで要求されることもあります。

新たに追加された背景画像用のスタイルのおかげで、ページ全体を埋め尽くす背景画像を、以下のように作成することができるようになりました。 4D Write Pro!この属性は、4D言語や 標準アクション、あるいは4D Write Proウィジェットを使って制御することができます。

製品 Picture attribute in 4D object

オブジェクト内のピクチャのサポート

Deeplからの自動翻訳

4D v16 R4から、 オブジェクトの属性に ピクチャーのサポートが 追加されました。例えば、メソッド、フォーム、プロセス間で設定やデータを交換するためにオブジェクトを使用する場合、このオブジェクトでアイコンや画像を渡すことができるようになりました。もう、画像をディスクに一時的に保存する必要はありません。

この新しいタイプは、他のオブジェクトの属性タイプと同様に使用することができ、オブジェクト内で画像を使用、取得、設定することができます。また、ピクチャーテーマのコントロールも使用することができます。

製品 blank

MSCが非推奨の画像を探すのに役立つようになりました。

Deeplからの自動翻訳

QuickDraw/QuickTime画像(PICTフォーマット)は、4D v11から非推奨となり、最新の画像フォーマット(PNGや JPEGなど)に変更する必要があります。新しい 64-bit バージョンの4Dは、もはやPICT画像をサポートしていません。ですから、課題は、あなたの古いアプリケーションの中からそれらを見つけることです。

製品 blank

4D Write Pro文書にインライン画像を挿入する。

Deeplからの自動翻訳

4D Write Proで作成されるすべての文書の署名に会社のロゴを挿入したいとお考えでしょうか?または、各請求書の行に製品画像を追加したいですか?

4D v16では4D Write Proドキュメントにインライン画像を専用コマンドでプログラム的に挿入できるようになりました。 WP INSERT PICTURE!