ストラクチャーエディターの塗装

Deeplからの自動翻訳

ストラクチャーエディターは、プロジェクトにおいて非常に重要な要素です。まず第一に、構造を作成することができます。しかし、何よりも、開発中にテーブル、フィールド、リレーションを視覚化することができ、データを操作する際に常に役立ちます。

ツールバーは、すべての4Dウィンドウを近代化し、標準化するために変更されました。

テーブル、フィールド、リレーションシップにカーソルを合わせると、ステータスバーに役立つ情報が表示されます。4D v19 R7の新機能は、リレーションシップ名を直接ステータスバーに表示することです。もう、プロパティウィンドウを開く必要はありません。時間の節約になります。

 

var $entitySel :cs.RacesSelection
var $circuitName :Text
$entitySel :=ds.Races.query("raceId = :1"; 1)
$circuitName :=$entitySel.first().toCircuit.name

構造エディタのすべての機能と可能性を知るには、ドキュメントを読むことをお勧めします。

Vanessa Talbot
- プロダクトオーナー - Vanessa Talbotは、2014年6月に4Dプログラムチームに参加しました。プロダクトオーナーとして、彼女はユーザーストーリー(ユーザーが期待する新機能とその使用法)を書き、それを具体的な機能仕様に変換する役割を担っています。また彼女の役割は、実装された機能が顧客のニーズを満たしているかどうかを確認することでもあります。入社以来、4Dにおける主要機能の定義に関わってきました。プリエンプティブ/マルチスレッドの新機能の大部分と、非常に複雑なテーマである組み込みアプリケーションの新アーキテクチャに取り組んできました。VanessaはTelecom Saint-Etienneで学位を取得後、Criminal Research Institute でオーディオビジュアル部門の開発者としてキャリアをスタートさせました。また、メディアや医療の分野でも、技術サポートやプロダクションの分野で働いてきました。