製品

バージョン管理システムにおけるカタログ管理の改善

Deeplからの自動翻訳

皆様からの貴重なご意見にお応えして、4Dプロジェクト・アーキテクチャを大幅に改善しました。

従来、カタログファイルには、テーブル、フィールド、リレーションに適用される色や位置などのグラフィカルな情報を含む、プロジェクト構造に関するすべての情報が含まれていました。現在では、これらの詳細は別のファイルに便利に保存することができ、プルリクエストのレビューやバージョン管理システムでのマージ競合の管理作業を簡素化することができます。

この機能強化の詳細を掘り下げてみましょう。

製品 blank

ORDA – 初心者から上級者まで

ORDA とは Object Relational Data Access の略で、オブジェクト指向プログラミングとリレーショナルデータベースの利点を組み合わせたデータアクセス方法で、開発者はデータアクセスの管理よりもビジネス問題の解決に集中することができます。

ORDAを初めて使う人も、すでに使いこなして知識を増やしたい人も、このブログ記事を学習プロセスの道しるべとして考えてみてください。

このブログ記事には以下の内容が含まれています。

さて、本題に入りましょう。

製品 blank

ORDA – エイリアス属性

4D v19 R4 は、エイリアス という、新しい ORDA コンセプトとともにリリースされます。エイリアス属性は、計算属性 の論理的かつ補完的な延長です。

このブログでは、エイリアス属性について説明し、その利点と、そのような場合に使用するかについて述べます。

製品 blank

ORDA – 関数スコープでAPIを改善する

Deeplからの自動翻訳

4D v18 R4とORDAにより、データモデルの上にハイレベルなクラス関数を作成することが可能になりました。これにより、ビジネス指向のコードを書くことで、複雑さを隠し、エラーを減らし、開発プロセスをスピードアップすることができます。

4D v18 R5では、コードの最適化と整理を支援する機能をさらに充実させました。例えば、クライアント/サーバーモードで作業しているときに、パフォーマンスを向上させるために、クライアント上でローカルに関数を実行する必要があるかもしれません。それが可能になりました。また、データベースをRESTサーバーとして公開する場合、サーバーサイドでは利用可能だがRESTクライアントでは非表示にしたい関数があるかもしれません。これも可能です!

製品 blank

データモデルを処理するORDAクラス

Deeplからの自動翻訳

前回の ブログでは、ORDAデータモデルクラスの世界について紹介しました。さて、いよいよ手を動かして、もっと勉強しましょう

ORDAの構造(データストアデータクラスエンティティエンティティ選択)がオブジェクトで構成されていることは既にご存知でしょう。しかし、それらは単なるオブジェクトではなく、特定のORDAクラスにリンクされた強型オブジェクトなのです。つまり、データの物理的な実装の複雑さを隠蔽するための関数を書くことができるのです。

製品 blank

ORDAクラスの世界へようこそ

Deeplからの自動翻訳

ORDAは、4D v17で革命を起こしました。それは、全く新しい可能性の世界を開き、あなたを別のプログラミングの次元に導きました。オブジェクト指向のアプローチで簡単にアプリケーションを開発できる次元です。

私たちは、そこで終わりませんでした!私たちは、その後の機能リリースごとに、一連の機能を通じてORDAの機能強化を続けてきました。そして今、4D v18 R4では、さらに一歩進んだORDA データモデルクラスが利用可能になりました。あなたのデータモデルに特化したクラスです。

これは、あなたのコードを大きく向上させるでしょう。あなたのアプリケーションは、簡単にサービスを公開し、より管理しやすく、保守しやすくなり、他のアプリケーションとシームレスに統合できるようになります。

これもプロジェクトのおかげで実現した大きな機能です