製品

Microsoft 365の場合。Microsoft Graph APIによるメールのコピー、移動、返信、削除機能

Deeplからの自動翻訳

電子メールのようなMicrosoft 365のデータにアクセスするために、MicrosoftはIMAPとPOP3のBasic認証を廃止し、Graph APIをますます推進しています。

v19 R8からは、4D NetKitに新しい組み込みコマンドが追加され、メールのコピー、移動、返信、削除など、Microsoft 365のメール操作をネイティブで自動化できるようになりました。

製品 blank

Microsoft 365の場合。Microsoft Graph APIでメールを受信する

Deeplからの自動翻訳

メールのようなMicrosoft 365のデータにアクセスするために、MicrosoftはIMAPとPOP3のBasic認証を廃止し、Graph APIをますます推進しています。

4D v19 R3では、OAuth 2.0接続とGraph APIによるメール送信を管理するために4D Netkitコンポーネントを導入しました。

v19 R8では、メールの受信と メールボックスフォルダの一覧を表示するコマンドを新たに追加しています。

製品 blank

Microsoft 365の場合。Azureからユーザー情報を取得する

Deeplからの自動翻訳

多くの企業がMicrosoft 365(旧Office 365)を利用しています。Microsoft は Office アプリケーションへのアクセスを提供するほか、Azure ベースの Active Directory を提供し、ユーザーは Web ブラウザーを使用して Microsoft Sharepoint や OneDrive などのサービスにログインしてアクセスすることができます。

Microsoftのすべてのサービスで、メールアドレスに基づく同じシングルサインオンが使用されています。4D v19 R6から、4D NetKitは、このコンセプトに参加することができ、ユーザーは、いつもの会社の認証情報を使って、アプリケーションにログインすることができるようになります。

シングルサインオンを可能にするだけでなく、認証されたユーザーの電子メール、部署、電話番号などの情報を取得することが可能になります。管理者が許可すれば、同じ会社の同僚に関する情報を取得することもできます。

どのように動作するか見てみましょう。

製品 blank

Microsoft 365: 電子メールの送信

私たちは、メール送信の重要性、そしてそれが今日のアプリケーションにおいて一般的なタスクであることを理解しています。Office 365 を使って仕事をしている多くの人から、Microsoft Graph API を使ってメールを送信する API が欲しいという要望がありました。Microsoft サーバーに接続し、ユーザー情報を取得するコマンドを導入するためには、OAuth 2.0 機能が必須条件でした。メール送信コマンドを皮切りに、今後もメール管理の機能を推し進めていけることを嬉しく思います。

製品 blank

4DとMicrosoft 365へのアクセス

Deeplからの自動翻訳

4D v18 R6では、IMAP、SMTP、またはPOP3トランスポーターを介してメールにアクセスするためにOAuth 2.0認証を導入しました。4D v19 R3から、4DはOAuth 2.0プロトコルを引き続き実装し、Microsoft 365のAPIに接続するためにMicrosoftアイデンティティプラットフォームからトークンをプログラミングすることで簡単にリクエストする方法を提供します。