ニュース

4D 20 R5 ベータ版が本日スタート

4D 20 R5 のベータテストが本日より開始されます。あなたの開発体験をより豊かなものにするために設計された多数の機能を備えた、壮大なフィーチャーリリースの発表に感激しています!

それでは、このリリースに用意されているエキサイティングな機能の数々をご覧ください:

  • 4D Write Proでは、 画像やテキストボックスにテキストを回り込ませたり、表組みの行数が1000行に制限されなくなったり、新しい属性で簡単に幅と高さを同時に定義できたりするようになりました。
  • プログラマーには、正確なエラーハンドリングのための try-catch構文、フィーチャーリクエストで投票の多かった 4Dシングルトン、共有オブジェクトの管理を容易にする共有クラスなどの新機能をお楽しみください。
  • ストラクチャーエディターの視覚的な情報はテーブル定義とは別に保存されるようになり、catalogファイルのコンフリクトが減少しました。
  • ORDAでは、正確なデータ検索とセキュリティ強化のため、エンティティセレクションのデータを制限できるようになりました。
  • Visual Studio Code拡張機能は、ワークスペースのシンタックスチェックtool4dの自動ダウンロードGitHub Codespaces の統合を提供します。
  • それだけではありません –20以上の新機能があります

4D 20 R5を今すぐダウンロード(4Dパートナー限定)

ニュース blank

4D 20 R4 が登場

4D 20 R4 のご紹介 – 今すぐご利用いただけます!

このフィーチャー・リリースの詳細をご覧ください:

4D 20 R4 のダウンロード (HotFix対応あり)

  • 4D Write Pro 電子インボイス用のXMLデータを埋め込んだ PDF文書の生成をサポート
  • 新しい Try(Expression) キーワード、リアルタイムシンタックス、コードライブチェッカーによるクラスタイプ検証などの機能により、コーディング体験が向上します。#DECLAREプロトタイプは、’Compiler_’ メソッド宣言に取って代わり、日付と時刻の新しいフォーマットオプションは、柔軟なカスタマイズを可能にします。
  • デバッグやテスト、管理を目的としたデータエクスプローラーによる作成・更新・削除
  • GitHub にある最新の Build4Dコンポーネントでアプリケーションをシームレスにビルドできます。クライアント/サーバーアプリケーションのスクリプトを作成し、お好みの継続的インテグレーションツールと統合できます。
  • ノンブロッキング印刷で、複数の印刷ジョブの同時実行が可能になり、アプリケーションの応答性が向上します。
  • クライアントサーバー間通信と HTTPリクエストの SSL/TLS によるセキュリティを保証する ECDSA のサポートによりセキュリティの選択肢が広がります。
ニュース blank

Qodly Studio for 4D: アクション追加のため、DataTable から Matrix に切り替える

このブログ記事では、Ayoub の “DataTable と CRUD操作” セッションを拡張し、Qodly Studio の Matrixコンポーネントに焦点を当てます。

動的な UI 要素として機能する Matrix は、様々な Stylebox コンポーネントを効率的に表示し、商品一覧、ニュースフィード、ユーザープロファイルのショーケースなどに応用できます。

ニュース blank

4D v20 R4 ベータ版が本日スタート

Deeplからの自動翻訳

4D v20 R4のベータテストが本日より開始されます!

このリリースに用意されているエキサイティングな機能のすべてを探ってみましょう:

 

 

 

  • 4D Write Proに関しては添付ファイル付きのPDFへのエクスポートや電子請求書の作成が可能になりました。
  • プログラミングに関してはLive Code Checker、エラー処理を改善する新しいTry(Expression)キーワード、カスタム日付・時刻フォーマットの導入などの機能強化により、コーディング体験を向上させます。
  • それだけではありません!

4D v20 R4を今すぐダウンロード(4Dパートナー限定)

ニュース blank

4D v20 R3が登場

Deeplからの自動翻訳

4D v20 R3のご紹介 – 今すぐご利用いただけます!

新機能のスナップショットです:

4D v20 R3をダウンロード(毎月のホットフィックスあり)

  • 4D Write Pro:PDF/Aフォーマットの可能性を解き放ち、環境に優しいビジネス取引を実現。名前付き数式でドキュメントの可読性を高め、テンプレートを簡素化します。
  • 強化されたコーディングエクスペリエンス:繰り返しのコードに別れを告げましょう!変数の宣言と初期化を1行で行えます。… “シンボルでメソッド宣言を簡素化し、柔軟に。データ操作のための新しいmultiSort()関数の効率性を探求してください。
  • WebSocket:クライアントヘッダーをカスタマイズして、より良いインタラクションコントロールを実現し、セキュリティやアプリケーション固有のデータを送信します。
  • 4D View Pro: 新しいblobフォーマットにより、より大きな4D View Proドキュメントを処理する際のパフォーマンスが向上し、速度を損なうことなく圧縮ファイルをデータベースに保存できます。
  • Visual Studio Code Extension:コマンドやクラスにカーソルを合わせることで、有益な説明に簡単にアクセスできます。クリックすると包括的な詳細が表示され、VSCode でのコーディング体験が向上します。
ニュース blank

4D v20 R3 ベータ版が本日スタート

Deeplからの自動翻訳

この数ヶ月間、4Dではかなり活発に活動してきました。Qodly Studioの Developer Preview版がリリースされたことで、皆様が忙しくされている中、QodlyStudioをテストしてくださっている皆様に感謝の意を表したいと思います。

そしてこの度、4D v20 R3のベータテストを本日より開始することになりました!

この機能リリースのすべてを明らかにしましょう:

 

 

 

  • 4D Write Proは、あなたの興味を引くこと間違いなしの2つの機能を備えています。数式に名前を付けて、わかりやすくすることができます。さらに、ドキュメントをPDF/Aフォーマットでエクスポートできます。
  • 新しいプログラミング機能に関しては、あなたのコーディング体験を向上させます。これには、 1行の変数宣言と 初期化、任意の数のパラメータに対する 簡素化された関数宣言インクリメンタルな同期の ためのグローバル スタンプが含まれます。
  • 新しい4D View Pro blobフォーマットにより、圧縮されたドキュメントをデータベースに保存することができ、.sjsフォーマットと同じ高いパフォーマンスを提供します。
  • 新しいVisual Studio Codeの拡張機能により、4Dドキュメントに簡単にアクセスできます。
  • それだけではありません

4D v20 R3を今すぐダウンロード(4Dパートナー限定)

ニュース blank

4D v20 R2がリリース

4D v20 R2がリリースされました!

この機能リリースに含まれる新機能の概要は以下の通りです:

4D v20 R2をダウンロード(毎月のホットフィックスあり)

  • 4D Write Proは、このリリースにおいても印象的なアップデートで進化を続けています。表のセルをシームレスに結合できるようになり、より視覚的に魅力的で構造化された文書を作成できるようになりました。さらに、新しい表ウィザードは、表を含んだ4D Write Proドキュメントの作成を簡素化し、時間と労力を節約してくれることでしょう。
  • エラー処理に関しては、4Dランゲージへの強力な追加機能である‘throw’コマンドを導入しました。このコマンドを使用すれば、問題が発生した際により正確なフィードバックをユーザーに与え、より効果的なエラーログを実装することを可能にします。
  • Visual Studio Codeの拡張機能には、新機能が追加されました。シンタックスハイライト、定義に移動、署名ヘルプ、コード補完、コードの折りたたみとインデント、シンタックスチェックなどの機能に加えて、コードフォーマットが追加されました。この機能強化により、コードがクリーンで一貫性のあるものになります。
  • 遅延に困らされることなく、よりレスポンシブなユーザーエクスペリエンスを可能にする新しいWebSocketクライアント機能が追加されました。この機能を使用することで、ユーザーのアプリケーションへの関わり方を大きく変革し、よりダイナミックで魅力的なものにします。
  • .sjs ファイルフォーマットの導入により、4D View Proにおいて大きなファイルを扱うのが簡単になりました。このフォーマットはパフォーマンスの課題に対処するために特別に設計されています。
  • Gmail APIを経由してメールを送信する新機能で、コミュニケーション能力を拡大しましょう。また今後も、Gmailの威力をメール送信用途に活用するための多くの機能が追加される予定です。
Page 1 of 13