著者名: Damien Fuzeau

Avatar
- プロダクトオーナー - Damien Fuzeauは、2019年2月に4D Productチームに参加しました。プロダクトオーナーとして、ユーザーストーリー(ユーザーが期待する新機能とその使用法)を書き、それを具体的な機能仕様に変換することを担当しています。また、実装された機能が顧客のニーズを満たしているかどうかを確認することも彼の役割です。ナント大学のソフトウェア工学科を卒業。前職の会社では最初は開発者として(1997年に4Dを発見)、後にエンジニアリングマネージャーとソフトウェアアーキテクトとして、23年以上勤務しました。この会社は、4DのOEMパートナーであり、現在は数千のユーザーと数百のサーバーに向けて4Dベースのビジネスソフトを展開しています。ですから、Damienは、多言語環境での4D開発・導入に慣れています。
製品 blank

ユーザーへの動的な権限付与

Deeplからの自動翻訳

あなた自身のエンドユーザー管理システムを使用する能力と SET USER ALIASコマンドに続いて、複数の4Dユーザーアカウントを作成せずに、エンドユーザーのパーミッションを管理する方法を知りたいと思うかもしれません。この機能リリースには、その答えがあります。

製品 blank

1つの 4Dインスタンス内に複数の Webサーバー

たとえば、Webアプリケーションのコードをいくつかのビジネスユニットに分割したい、管理者用の Webサーバーをユーザー用から分離したい、メインの部分をプリエンプティブに実行できるように、まだプリエンプティブに対応していない古い部分を別のインスタンスで実行したい、というような状況で、複数の Webサーバーの必要性を考えたことがあるかもしれません。

4D v18 R3 では、このようなことが簡単にできるようになります。

製品 blank

誰が何をしたか:ジャーナルにユーザーの別名を保存する

Deeplからの自動翻訳

コマンドのおかげで、ユーザーを特定するための新しい機能を発見したことでしょう。 SET USER ALIASコマンドのおかげで、ユーザーを特定する新しい機能を発見したことでしょう。4D v18 R2では、コマンドの動作が拡張されました。どのように?読み進めてください。

製品 blank

ワークスペースを管理する

Deeplからの自動翻訳

アプリケーションのインターフェイスをエンドユーザーのシステム環境設定に合わせたいですか?アプリケーションのインターフェイスが、macOSのドックやメニュー、あるいはWindowsのタスクバーによって隠されてしまわないようにしたいですか?このブログでは、その方法をご紹介します。

製品 blank

スレッドセーフコマンドと非スレッドセーフコマンドの共存

Deeplからの自動翻訳

スレッドセーフなメソッドとスレッドセーフでないメソッドの両方を使用し、スレッドセーフでないコマンドをスキップする条件を使用する必要があったことはありませんか?現在、コンパイラはこのようなことを防ぐためにエラーを投げていますが、このチェックを無効にするフラグがあり、このブログ記事でその方法を説明します。

製品 blank

カスタムリモートコネクションダイアログの構築

Deeplからの自動翻訳

カスタマイズされた4D接続ダイアログを構築する必要がありますか?あなたのクライアントアプリケーションを異なるサーバーに接続することに興味がありますか?4D v18では、この2つのシナリオを処理することができます。このブログは、カスタムリモート接続ダイアログを作成し、マージされた4Dサーバーに接続したい方のためのものです。読み進めてください。

製品 blank

プロジェクトのデータベースユーザーとグループの管理

Deeplからの自動翻訳

最新の4D v17 R-Releasesでベータ版として提供されていたプロジェクト・データベースが、4D v18で製品版として利用できるようになりました!4D v18の多くの変更点の中で、ユーザーとグループの管理方法があります…特にデプロイメントがとても簡単になりました。この記事では、これらの変更について知っておく必要があるすべてのことを簡単に紹介します。

製品 blank

4D v18でデプロイメントが簡単になりました。

Deeplからの自動翻訳

4D v18は、デプロイされたmacOSパッケージとWindowsアプリケーションのフォルダをそのまま維持するために、ファイルとフォルダのための新しいアーキテクチャを導入しています。簡単に言うと、ログフォルダと、4Dバックアップ設定を含む全てのユーザーベースの設定は、データファイルの隣に保存されるようになりました。実際、設定は2回存在します。1つは新しいデータファイルのデフォルト設定として使用する構造の横に、もう1つはデータファイルの横に、ユーザーの変更を保存するために存在します。
その結果、構造体を含むフォルダの内部は何も変更されないので、読み取り専用にすることができます(*)。構造体フォルダーを置き換えるだけで、中のものを事前にコピーする必要がないため、導入が容易になります。

(*) は、プロジェクト・データベースでのみ使用できます。バイナリデータベースでは、ユーザーとパスワードのテーブルが構造体に格納されているため、フォルダを読み取り専用にしてはいけません。